注目のDeFiプロジェクト!Injectiveとは!

GG
GG

トアはInjectiveというプロジェクトを知っておるかの?

トア
トア

いんじぇくてぃぶ…?

GG
GG

知らなかったか…最近注目されているDeFiプロジェクトでの、せっかくじゃから今日はInjectiveについて詳しく解説してぞい!

トア
トア

へー!よろしくお願いします!

皆さんはInjectiveをご存じでしょうか。
Injectiveは、注目のDeFiプロジェクトとして知られています。
本記事ではそんなInjectiveについて詳しく解説していきたいと思います♪

Injectiveとは

Injective Protocolプロジェクトは、通貨の交換を完全に分散化された公共運営のネットワークにすることを目的としています。

これは、INJトークンを保有している人たちだけで運営されている取引所であることを意味しています。

プロジェクトの開発を強制的にコントロールする中央の統治機関はなく、Injective Protocolプロジェクトは、2020年にパブリックオファリングを経て正式にスタートし、Binance、Pantera、Hashedといった業界の名だたる企業がバックアップしています。

Injective Chainは、ブロックチェーンプロジェクトの基盤となるものです。

完全に分散化された注文台帳をホストしており、Ethereum仮想マシン(EVM)の要素を採用しています。

また、このプラットフォームには、双方向のトークンブリッジが組み込まれており、Ethereumエコシステムとリンクしています。

【Injectiveの概要】

Injective(INJ)の特徴は下記の通りです。
・分散型プロジェクト
・独自トークンINJ

ではそれぞれ詳しく解説していきたいと思います。

分散型プロジェクト

Injective Protocolは、ブロックチェーン技術の分散性を利用して金融界の問題を解決することを目的としたプロジェクトです。

さらに、INJでは、投資家が変化を起こし、新しいアイデアを導入する力を持つ、真の意味での分散型金融(DeFi)に参加することができます。

独自トークンINJ

Injective Protocolは、取引所と取引の世界を分散化する革新的な技術を導入していますが、利益をあげることを確証するような方法で運営されています。

メイカーと利用者が独自トークンINJで取引手数料を支払うことで、プラットフォームが分散して機能し続けることができます。

【Injectiveの将来性】

ではInjectiveの特徴を踏まえたうえで将来性について深堀していきたいと思います。

Injective(INJ)の将来性は下記の通りです。

・DeFiの需要の増加
・Binanceに既に上場済み

それぞれについて詳しく解説していきましょう。

DeFiの需要の増加

DeFi(分散型金融)は最近のトレンドで、UniswapやPancakeSwapなどの人気は高まっています。

このことから、DeFi(分散型金融)に関連したプロジェクトは上昇傾向なので、INJの価格も後々上がっていく可能性は十分にあります。

Binanceに既に上場済み

Injective(INJ)は既にBinanceに上場しています。

Binanceとは世界最大の暗号資産取引所のことで、ここに上場していることから、Injectiveは期待できるプロジェクトであると考えられます。

上記の事から今後発展していくことに期待ができるプロジェクトであることがお判りいただけるかと思います。

トア
トア

有名な企業からバックアップされてるんだね!

GG
GG

そうじゃな、分散型というシステムの中である種理想形でもあるからのう!

トア
トア

なるほどね!確かに!

GG
GG

これでInjectiveについてよくわかったと思うからの!まとめに移るぞい!

トア
トア

ありがとう!GG!

注目のDeFiプロジェクト!Injectiveとは!、まとめ

Injectiveとは

・通貨の交換を完全に分散化された公共運営のネットワークにすることを目的としている
・Binance、Pantera、Hashedといった業界の名だたる企業がバックアップしている

いかがでしたでしょうか。
近頃話題になっているプロジェクトInjectiveを詳しく知らなかったという方も意外と多くいらっしゃったのではないでしょうか。
本記事をご覧になったことをきっかけにInjectiveに触れてみるのも良いかもしれませんね♪

タイトルとURLをコピーしました