今更聞けない基礎知識!DAOとは?

トア
トア

ねぇねぇGG!

GG
GG

どうしたんじゃ?

トア
トア

最近前澤社長のTwitterで見かけたんだけど、DAOって一体どういうものなの??

GG
GG

ほほう、確かに最近話題になっているものじゃのう、いい機会じゃから詳しく解説するぞい!

トア
トア

やったー!ありがとうGG!

GG
GG

では早速行くぞい!

皆さんはDAOという言葉をご存じでしょうか。
暗号資産やブロックチェーンに触れていれば少なからず耳にすることがあったかと思います。
最近ではZOZOTOWNの前澤社長の新プロジェクトとしても名前が上がる程話題になっているDAOですが、本記事ではそんなDAOについての基本的な部分から詳しく解説していきたいと思います♪

DAOとは

DAO(Decentralized Autonomous Organization)とは日本語に訳すと分散型自律組織という風に呼ばれます。

DAOとは何か?というお話を進めていく上で重要になってくる部分としてまずはDAOと呼ばれるものの特徴についてお話していきたいと思います。

ここで挙げられる特徴として

・中央管理者ではなく参加者同士が管理しあう
・組織としての透明性の高さ
・誰でも組織に参加できる

などの点が挙げられるかと思います。

ではそんなDAOの特徴から順番にお話していきたいと思います。

【DAOの特徴】

・中央管理者ではなく参加者同士が管理しあう
DAOには中央管理者と呼ばれる存在はおらず、参加者同士で組織の意思決定を行います。

私たちの生活に身近なもので挙げると、株式会社のという組織の形の場合、上層部による意思決定の後、決定されたことを上から下に指示を出す「トップダウン方式」が一般的です。

対してDAOの場合、組織を統率する代表者が存在せず、参加者同士で意思決定を行います。

DAOの意思決定に関わるには「ガバナンストークン」を保有する必要があります。

トークン保有者はDAOの組織運営に対する提案や、意思決定に関わる投票に参加したりする権利を得られるのです。

・組織としての透明性の高さ
DAOは組織としての透明性が高く、どのようなルールに基づいて運営されているのかを誰もが閲覧可能です。

DAOはブロックチェーン上で運営され、参加者同士の意思で決定されたルールはスマートコントラクトで実行されます。

ブロックチェーンはオープンソースであるため、ソースコードを見ればスマートコントラクトの内容を確認することが可能です。

つまりどういうルールで組織が運営されるのかが誰でも分かるのです。

株式会社の場合、組織のルールが全て公開されているとは限らず、末端社員や部外者が全体のルールを確認するのは困難です。

一方DAOであれば誰でもソースコードを閲覧できます。

・誰でも組織に参加できる

DAOは誰でも参加できるので、興味のあるプロジェクトを運営しているところがあれば自由にメンバーになれます。

株式会社であれば試験・面接を通過し、雇用契約を結んでから働きますし、辞める場合も同様に契約解除の手順が必要です。

しかしDAOであればインターネットに接続できる環境さえあれば誰でも参加できる上に、ガバナンストークンがあれば組織の意思決定に加われます。

【DAOの代表的な事例】

・MakerDAO

MakerDAOはイーサリアムのブロックチェーンを活用しており、ステーブルコインであるDAIを発行できます。

MakerDAOでは誰でもドルのステーブルコインを発行することが可能。

さらにMakerDAOではMKRというガバナンストークンを利用していて、DAO内での意思決定に関わる際に必要になります。

MakerDAOについては当ブログでも過去にご紹介していますのでこちらからご覧ください。

・PleasrDAO

PleasrDAOはNFT(非代替性トークン)の収集をするDAOであり、投資家同士で資金を出し合ってNFTを購入しています。

PleasrDAOはNFTを担保にして、DeFiプロトコルである「Cream Finance」から仮想通貨を借りたことで知名度を上げました。

これまでのDeFiでも融資を受けるのは可能でしたが、NFTを担保にして資金の借り入れをしたDAOはPleasrDAOが初めてでした。

・Augur

Augurとは分散型の予測市場プラットフォームです。

参加者はさまざまな予測に対して投票で参加でき、予測が当たればトークンを受け取れます。

例えば「ビットコインは年内に1000万円を超えるかどうか」「次の米国大統領選ではどちらが勝利するか」といった内容を予測するのが可能。

Augurのトークンである「REP」は以前コインチェックで取り扱われていましたが、金融庁に「匿名通貨」とみなされ、マネーロンダリングへの利用を懸念されたことから上場廃止を言い渡されました。

・ビットコイン・イーサリアム

ビットコインやイーサリアムも、ブロックチェーン上で一定のルールに従って運営されているため、DAOであるといえます。

例えばビットコインの取引はネットワーク参加者によって処理・記録され、ブロックチェーンへの取引記録の完了後に新たなビットコインが発行されます。

こうした一連の流れはブロックチェーン上でプログラミングされており、オープンソースであるため誰でも閲覧可能です。

閲覧できることに加えて、ビットコインの承認作業には誰でも参加できますし、新規発行されたビットコインを受け取れます。

さらにビットコインはこれまでに複数の参加者同士による合意形成によって改良を重ねてきていて、その結果として「ビットコインキャッシュ」や「ビットコインSV」などのように別の派閥が誕生したケースもありました。

・和組DAO

現在日本では「和組DAO」と呼ばれるDAOが注目されています。

和組DAOは、Web3について話し合うことを目的としたオープンコミュニティであり、DAOやDeFi・NFT・ブロックチェーン・メタバースなどに関心のある初心者や起業家などが参加しています。

Discordのメンバーは2022年2月時点で3,700人を超えていて、アクティブなDAOの1つです。

和組DAOの目的は「Web3に理解のある日本人を増やすこと」であり、実際にNFTを購入したり、DAOの意思決定に携わったりできる人を増やしていくことを想定しています。

【前澤社長も注目するDAO】

2022年6月、 国際宇宙ステーションへの滞在やお金配りおじさんとしても常に話題の絶えないことで有名な前澤社長は自身のTwitterアカウントにてMZ DAOというプロジェクトを指導することを発表しました。

現段階では凡そのアイディアがいくつか出てきているようですが、これからまた色々なアイディアをもとにその構想は広がっていくのかもしれませんね♪

トア
トア

じゃあDAOっていうのは非中央集権的な組織ってこと?

GG
GG

まぁ概ねその認識で間違いないぞい、今後そういった組織が出てくると同時に大きく成長する組織も出てくることが予想されるな

トア
トア

確かにそうだね!これでまたいろんなもののあり方が変わってくるんだろうねぇ!

GG
GG

そうじゃな!だからこそ現段階でも各所から強い注目を浴びているのじゃ!

トア
トア

今後に期待!だね!

GG
GG

そういうことじゃ!では今回のまとめに移るぞい!

今更聞けない基礎知識!DAOとは?まとめ

DAOとは

・日本語に訳すと分散型自律組織という意味合い

特徴として
・中央管理者ではなく参加者同士が管理しあう
・組織としての透明性の高さ
・誰でも組織に参加できる

・前澤社長などの著名人からも注目されている

いかがでしょうか。
DAOは前澤社長が1つの事業として乗り出したことで、日本でも注目を浴びることになりましたが、それ以前から各所で注目を集めていたシステムの一つです。
今後更に私たちの生活の身近な所まで来ることが期待されているシステムなので、今のうちからDAOに触れてみても良いかもしれませんね♪

タイトルとURLをコピーしました