DeFi界の最古参!Kyber Networkとは!

トア
トア

ねぇGG!

GG
GG

ん?どうしたんじゃ?

トア
トア

Kyber Networkって知ってる?

GG
GG

ほほう、初耳じゃのう!

トア
トア

そうなんだ!じゃあ今日はKyber Networkについて私が解説していくね!

GG
GG

ほほう!よろしく頼むぞい!

皆さんはKyber Networkをご存じでしょうか?
Kyber NetworkはDeFiの世界の中でももっとも古いと言われるNetworkの1つです。
本記事ではそんなKyber Networkについて詳しく解説していきたいと思います♪

Kyber Networkとは

Kyberとは、ユーザーが集約された流動性リザーブを利用してトークンを交換することができる分散型スワッププロトコルです。

UniswapやSushiSwapのような他の分散型取引所と混同する人も多いかと思いますが、これらのプロトコルの使用方法には微妙な違いがあります。

Kyberは2017年のICOでKNCトークンを発表し、2018年にKyberプロトコルを発表したかなり早い段階で登場したDeFiプロトコルの1つです。

【Kyberとは】

Kyberは一般的にKyber Networkと呼ばれます。

Kyber NetworkはKyberプロトコルをイーサリアムに実装したものを指します。Kyberプロトコルは、集約された流動性準備を介して迅速かつ直接的なトークン交換を可能にするオンチェーン流動性プラットフォームです。

Kyberの仕組みを説明するにはUniswapと比較するのが一番わかりやすいかもしれません。Uniswapでは、トークンのスワップを可能にするために流動性プールを利用しています。つまり、ユーザーがUSDCをETHに交換したい場合、その資金はUSDC-ETHプールを経由して送られます。流動性の供給者は同量のUSDCとETHをプールに拠出し、トレーダーのスワップ需要に応じた十分な流動性を確保しています。

他の多くの交換プロトコルでも、同様の手法を採用しています。例えばCurve Financeでは、複数の安定コインで構成されるプールを使用しています。

【Kyberスワップ】

Kyberの仕組みは少し違います。このプロトコルは、リクイディティを提供するトークン保有者、マーケットメーカー、Uniswapのような分散型取引所など、さまざまなリザーブソースから流動性を集約します。誰かがスワップをしようとすると、一連のスマートコントラクトが連携して、すべてのリザーブの中から最適な交換レートを見つけ出し、スワップを可能にします。

また、KyberとUniswapの決定的な違いは、プロトコルの実装方法にあります。UniswapはDEXです。他のDeFiイノベーターは、ソースコードをフォークすることで、独自のバージョンのUniswap DEXを作成しています。

これに対し、KyberはKyberSwapというDEXを運営しています。ただし、他のdApp開発者がKyberのプロトコルを利用して自分のアプリケーション内でスワップを実現できるように、同プロジェクトはAPIも運営しています。KyberSwapなどの、Kyberを利用するアプリケーションのイーサリアムネットワーク全体はKyber Networkと呼ばれています。

【Kyberのリザーブモデル】

Kyber Network上のすべてのアプリケーションは、流動性を提供するKyberリザーブモデルを使用しています。このモデルはスマートコントラクトに基づいており、リザーブとの間の資金の流れを管理しています。買い手は、Kyberにスワップを依存しているアプリ、ウォレット、その他のベンダーです。

Kyberには3種類のリザーブがあります。

・Price Feed Reserves価格フィードリザーブ
・Automated Price Reserves自動価格準備
・Bridge Reservesブリッジリザーブ

Price Feed Reservers(PFRs)は、Kyber版の自動マーケットメーカーです。PFRは、スワップに対して最適な変換レートを実現するために、プライスフィードを探し出します。

Automated Price Reserves(APRs)は、PFRによって発見された価格に基づいて、トークンスワップ自体を可能にするために使用されるスマートコントラクトです。

Bridge Reservesは、UniswapのようなDEXにアクセスすることで、さらに深いリクイディティを提供します。

本稿執筆時点で、Kyber Networkで使用されているリザーブは、UniswapやBancorなど45種類以上あります。

Kyber Network
Kyber Networkは、イーサリアム上のKyberプロトコルの実装です。リザーブプロバイダーやKyber Network上の多くのアプリケーションは、CoinGecko、Enjin、MetaMask、Argent、Operaウェブブラウザーなどのウォレットを含むエンドユーザーのスワップにこのプロトコルを使用しています。

Kyberの主な実装はイーサリアム上で行われていますが、このプロトコルはブロックチェーンにとらわれず、他のスマートコントラクト対応のプラットフォームでも実装可能です。例えば、EOS上のYOLOswap取引所はKyberのバージョンであり、Tomochain上のTomoswap取引所も同様です。

トア
トア

Kyber Networkについてはこんな感じかな!

GG
GG

ほほう、中々ポテンシャルに溢れていそうな感じがするのう!

トア
トア

そうだね!今後どういう形で伸びていくか楽しみだね!

GG
GG

そうじゃのう!

トア
トア

じゃあ今日の解説をまとめていくよ!

GG
GG

ありがとうじゃぞい!

DeFi界の最古参!Kyber Networkとは!まとめ

Kyber Networkとは

・kyber(カイバー)とは、ユーザーが集約された流動性リザーブを利用してトークンを交換することができる分散型スワッププロトコル
・Kyberは2017年のICOでKNCトークンを、そして2018年初めにKyberプロトコルを発表した、世界で最も早く登場したDeFiプロトコルの1つ
・KyberはKyberSwapというDEXを運営している

いかがでしたでしょうか。
Kyber Networkはユーザーが集約された流動性リザーブを利用してトークンを交換することができる分散型スワッププロトコルというがお判りいただけたかと思います。
本記事をご覧になったことをきっかけに皆様もKyber Networkに触れてみてはいかがでしょうか♪

タイトルとURLをコピーしました