【4月】暗号資産ニューストピックス!

トア
トア

5月を迎えました!!

GG
GG

本当に一か月とは早いものじゃな…

トア
トア

本当だね!5月も迎えたという事で、今月のニュースをピックアップしてきたよ!

GG
GG

ほほう!では早速トピックス紹介を頼めるかのう?

トア
トア

もちろんだよ!

GG
GG

よろしく頼むぞい!

既に2022年も3分の1が消化されましたが4月の暗号資産業界も目まぐるしく様々な出来事が飛び交っています。

そこで今回は2022年4月のニューストピックスをまとめてみましたので、是非ご覧ください♪

4月上旬のトピックス

ここでは4月上旬に発表されたテーマをご紹介していきたいと思います♪

気になるトピックスは

・NFT市場「PLT Place」、4月より正式に開始
・暗号資産テゾス、「Ithaca 2」アップグレードを完了
・運動系NFTゲーム「STEPN」、GMTの初バーンを実施へ

の2点です♪

【FAME MMAが暗号通貨業界に参入】

パレットトークンを手掛ける株式会社HashPaletteは4月1日、NFTマーケットプレイス「PLT Place」の正式サービスを開始しました。

「PLT Place」は、企業やクリエイター、一般ユーザーが売買・交流できる電子市場となっており、3月17日からプレオープンが行われていました。
パレットトークン(PLT)による決済のほか、クレジットカード払いに対応しており、取引手数料が無料なのも特徴です。

【暗号資産テゾス、「Ithaca 2」アップグレードを完了】

PoS系ブロックチェーンのテゾスは4月1日、「Ithaca 2」と呼ばれる9回目のアップグレードを行ったことを発表しました。

コンセンサスアルゴリズムを更新することでネットワークを高速化し、ステーキングを行うための要件も緩和されるとのことです。

公式発表では、今回のアップグレードについて次のように説明しました。

「Ithaca 2は、現在のコンセンサスアルゴリズム「Emmy」を「Tenderbake」に置き換えるものだ。これは、テゾスプロトコルの革新的な新時代の幕開けとなる画期的なアップグレードである。

新しいコンセンサスアルゴリズム「Tenderbake」は、ブロック時間の短縮を可能にすることで、テゾス上でのトランザクションの高速化とアプリケーションの円滑な実行を実現する。」

Ithaca 2では「Tenderbake」に加え、他のスケーリングシステムも導入していく計画だと発表しました。

また公式発表ではIthaca 2アップグレードにより、ネットワーク検証者としてステーキングを行うために必要なトークン保有量が、8,000 XYZから6,000 XTZへと25%削減されるとのことで、これによりテゾスの分散性が強化される見込みになるようです。

【運動系NFTゲーム「STEPN」、GMTの初バーンを実施へ】

運動して稼ぐ(Move to Earn)をテーマとした分散型アプリSTEPNは4月2日、ガバナンストークンであるGMTの初の四半期買い戻しと焼却を実施することを発表しました。

STEPNの発表では、2022年1Qに198,635.62 SOL(約33億円)の利益を上げており、利益を使い、凡そ1ヶ月ほどかけてGMTを買い戻し、バーンすると説明しました。

GMTはSTEPNプラットフォームのガバナンストークンで、総発行量が6,000,000,000 GMTと決められていますが、トークンの発行は計画上、全体の30%が「歩く」「走る」により配布され、最初の3年間は毎年5%(300,000,000 GMT)というペースで配布される仕組みとなっています。

また、3月に行われたバイナンスIEOでは、420,000,000 GMT(総発行量の7%)が販売されました。

CoinGeckoによると、GMTの現在の流通量は600,000,000(総発行量の10%)だといわれています。

GMTの入手方法として取引所での購入のほか、STEPNアプリにおいてレベル30に達した靴のみGMTを得ることができます。
レベル30に到達するとネイティブ通貨トークンであるGSTまたはGMTを稼ぐ選択ができますが、GMTの選択肢はまだ実装されていません。

STEPNは今年1月、シードラウンドで大手VCのSequoia IndiaやAlameda Research、Solana Venturesなどから6億円を調達し、今後アプリ内で仮想通貨BNBに対応する予定を発表しました。

STEPNについてはこちらで解説していますので、是非ご覧ください♪

トア
トア

4月の上旬は以上だよ!GGは気になるニュースはあったかな?

GG
GG

やはりSTEPNが興味深いのう、Move to Earnというのも新しい形じゃと思うし、今回のニュースでも今後更に発展する予感がするぞい!

トア
トア

確かにそうだよね!SNSを見ててもいろんな人が注目しているみたいだし!

GG
GG

引き続き注目じゃな!

トア
トア

じゃあ次は4月下旬のニュースだね!

GG
GG

よろしく頼むぞい!

4月下旬のトピックス

ここでは4月下旬に発表されたテーマをご紹介していきたいと思います♪

気になるトピックスは

・日本銀行、CBDCの実証実験「フェーズ2」開始
・日本円ステーブルコインJPYC、Astar Networkに対応
・ツイッター社、イーロン・マスク氏の5.6兆円規模の買収提案に合意

の2点です♪

【日本銀行、CBDCの実証実験「フェーズ2」開始】

日本銀行は4月13日、第3回となるCBDCに関する連絡協議会を開催しました。
2021年春より開始したCBDCに係る実証実験フェーズ1の完了とともに、22年4月からフェーズ2への移行を開始しているとのことです。

日本銀行理事を務める内田眞一氏は、日本でCBDCを発行するかどうかは「現時点では決定していない」と改めて言及しました。
またその一方で米国のデジタルドル、欧州中央銀行によるデジタルユーロプロジェクト、中国人民銀行の開発するデジタル人民元など国際的にCBDC研究が進められる中、「今後(日本も)さまざまな環境変化に的確に対応できるよう準備をしていくべきだ」と実証実験の重要性を述べました。

米ドルなど法定通貨にペッグされたステーブルコインの市場規模が、日本円換算で10兆円を優に上回る水準となっている点にも触れ、「マネーロンダリングやサイバーリスク、消費者・投資家保護、金融システムの安定への影響など様々な課題が解決される必要がある」「先進主要各国は、ステーブルコインに対し、厳格な規制で臨む方向になっている」と言及しました。

そのような背景からも欧州の事例を基に、中央銀行が公共財としてCBDCを提供する可能性の意義について触れました。

その上で、今後日本でのCBDC発行は「日本銀行あるいは金融界だけで決められることではなく、国民的な判断になる」とコメントしています。

【日本円ステーブルコインJPYC、Astar Networkに対応】

前払式支払手段の日本円連動ステーブルコイン「JPYC」を発行するJPYC株式会社は4月18日、アスターネットワークに対応したことを発表しました。
これよりJPYCユーザーは簡単にアスターエコシステムに参加できるようになるとのことです。

同社はネットワーク拡大の背景として、「より決済手段としての利便性を高めるためには対応ネットワークの拡張が必要不可欠」と説明したうえで、以下のようにコメントしました。

「JPYCをAstar Network上のエコシステムで発行・流通を実現させることにより、更なる決済手段としての価値の向上に寄与するとともに、対応ネットワークの拡張による利便性も高めてまいります。」

また、今回のネットワーク対応に伴って、「ASTRトークンプレゼントキャンペーン」を4月18日より実施し、JPYC販売所にて「JPYC on Astar Network」を購入した人を対象に、先着10,000名でそれぞれに1ASTRを無償配布する予定となっている様子です。

【ツイッター社、イーロン・マスク氏の5.6兆円規模の買収提案に合意】

SNS大手のTwitter社は4月25日、米電気自動車大手テスラの最高経営責任者などを務めるイーロン・マスク氏による買収提案に、正式に合意したことを発表しました。

今回の契約が完了した後、ツイッター社は株式を非公開化して上場を廃止する予定とのことです。
マスク氏は、新しい機能を追加することでプロダクトを強化しツイッターをより良いSNSにしたいと説明しました。
またアルゴリズムをオープンソース化して信頼性を高めたり、スパムのボット対策を行なったりしていくとのことです。

ツイッターに対する不満をツイートしたり、新しい機能の導入等について独自にアンケートを実施したりしていたマスク氏とTwitter社との関係が本格したのは今月であり、その時点で米証券取引委員会の書類からマスク氏がTwitter社の7,348万6,938株を取得し、9.2%の株を所有する筆頭株主になったことが明らかになっていました。

トア
トア

下旬のニュースは以上です!

GG
GG

日本のステーブルコインもどんどん話が進んでいるようで嬉しいぞい!

トア
トア

今後も引き続き進んで行きそうだね!

GG
GG

目が離せないぞい!

トア
トア

じゃあ今月のニュースをまとめていくね!

【4月】暗号資産ニューストピックス!まとめ

4月のニュースは

【4月上旬】

・NFT市場「PLT Place」、4月より正式に開始
・暗号資産テゾス、「Ithaca 2」アップグレードを完了
・運動系NFTゲーム「STEPN」、GMTの初バーンを実施へ

【4月下旬】

・日本銀行、CBDCの実証実験「フェーズ2」開始
・日本円ステーブルコインJPYC、Astar Networkに対応
・ツイッター社、イーロン・マスク氏の5.6兆円規模の買収提案に合意

いかがでしたでしょうか。
2022年4月もまた様々なところで動きがありましたね。
暗号資産に触れていくうえで、各国や各業界の動きにはやはり目が離せないものがあるかと思います。
当ブログではそんなトピックスを定期的にご紹介していきますので、今後ともご覧になっていただけると幸いです♪

タイトルとURLをコピーしました