朝倉未来選手が公式アンバサダー!FAME MMAとは?

GG
GG

そういえばトアよ、最近話題のFAME MMAを知っておるか?

トア
トア

何それ?

GG
GG

青汁王子や朝倉未来が推している暗号資産でな、ポーランドの格闘技団体が主体になっているものじゃ

トア
トア

え!初めて聞いたかも!

GG
GG

そうじゃったか、FAME MMAはかなり期待されている暗号資産じゃからのう、今日はそのことについて詳しく話して行くぞい!

トア
トア

よろしくお願いします!

皆さんはFAME MMAというトークン情報をご存じでしょうか。
FAME MMAはポーランドの格闘技団体が主体となって発行するトークンです。
青汁王子がSNS上で言及したり、朝倉未来選手が公式アンバサダーに選ばれるなど多くの注目を浴びている話題のトークンです。
本記事ではそんなFAME MMAについて詳しく解説していきたいと思います。

FAME MMAとは

「FAME MMA」とは2018年にヨーロッパのポーランドで誕生した格闘技イベントであり、

略称で「MMA」とも呼ばれています。

FAME MMAは、世界的に有名なYouTuberやTiktoker、Instagramer・トップアスリートなどが参加する格闘技イベントを開催する組織です。

UFCに次ぐ世界第2位のPPV販売実績があるイベントでもあり、有名なMMA祭はヨーロッパ最大のホールを埋め尽くし、イベントチケットは数分で完売するほどの人気を誇ります。

2022年4月現在で第14シリーズを開催し、FAME MMA 12大会では4,056,000視聴回数を記録。

視聴数もさることながら、観客動員数も非常に規模が大きく、「Fame MMA」開催での席販売数11,512(過去三大会平均席販売は97.6%)に上り、開催すれば観客席はほぼ売り切れてしまうレベルの盛り上がりになっています。

【FAME MMAが暗号通貨業界に参入】

FAME MMAは既に多数のインフルエンサー達とのコネクションがあるため、100万人規模のクリプト業界内外部の国際コミュニティにマーケティングできるのが強みです。

暗号資産業界はかつて見たことのないレベルで、トップKOL、インフルエンサー、スポンサーシップなどが中心となって大規模なマーケティングキャンペーンを実施する予定となっています。

また、現在ではFAMEトークンを通じたブロックチェーンの統合を追加させるために決済システムの拡張に向けて動き出しており、5月14日に開催予定のFAME MMA14では、FAMEトークンを一つの決済手段として実装される可能性があるといわれており、最終的な目標としてはFAMEトークンのみを決済手段とするとのことです。

【朝倉未来氏、FAMEトークンアンバサダー就任】

格闘家の朝倉未来氏が4月15日に公式YouTubeチャンネル「ふわっとmikuruチャンネル」を更新。ポーランドで人気の格闘技イベント「FAME MMA」のFAMEトークンのアンバサダーに就任することを報告しました。

「FAME MMA」は2018年にポーランドで発足した格闘技団体でYoutuberやインフルエンサーなど「他分野の著名人の試合」を開催することなどで急速に人気を高め、PPV売り上げもかなりの額になっていると言われています。

当初、朝倉未来氏は「FAME MMA」から試合のオファーがあったと語りました。
「試合をすることはさておき、“Breaking Down”が目指す規模感で凄い成功例だなと思ってます。なので、試合のオファーとりあえずお断りしました」と試合のオファーは断ったとのことです。

しかし「FAME MMA」からの試合オファーは本気で「どんな相手だったらやってくれるんだ?コナー・マクレガーなら数十億出せば出てくれる」などと相談されたことも話し、「FAME MMA」は大物ファイターも参戦できる可能性がある団体であると語りました。

朝倉未来氏がスペシャルアドバイザーとして監修する「Breaking Down」と提携したい意向を「FAMEMMA」側に伝えると前向きに検討してくれるようで将来的には中間地で提携大会が開催される可能性があるとも話しています。

さらに「FAMEMMA」が暗号資産のFAMEコイン出すためFAMEトークンのアンバサダーのオファーもあり、暗号資産にはそこまで詳しくない未来は「青汁王子」こと実業家の三崎優太氏に相談すると「多分その通貨きますよ」と言葉あり、アンバサダーを引き受ける運びとなったようです。
「今回、光栄な仕事をいただきましたので、これは楽しみですね」と話し、朝倉未来氏も「1億円ぐらい買おうかなと思ってます。“FAME MMA”のPPVを買う通貨としても使えると思うしね。凄いことだよね」と離しました。

また「俺が“Breaking Down”でやろうとしてたことを体現してる団体なので運命を感じましたね。“Breaking Down”を世界中で流行らせたいし、それぐらい大きくしてきたい」とも話しています。

【FAME MMA(FAMEトークン)プレセール】

①トークンプレセール開催日程:4月25日(48時間開催・早い者勝ちの要素はありません)

→TGLP参加者全員に購入可能枠が均等に割り当てられます。決済通貨=BNB 1枚=0.01$

→参加ウォレットアドレス10,000の場合、1アドレスあたり1,000ドル分の購入枠(約12万円分)

②購入資格:先行販売に参加するためにはTGLP参加が必須。1年間の10setロックが必須

→次回Tenset Gem Launch Platform(TGLP)参加募集→ TGLPはTENSET公式サイトで「募集:250枠」がTGLPラストチャンス

→日本時間:2022年4月20(水) 22:00~ 募集開始 2%手数料含めて4847枚のTENSETトークンがロックに必要

③購入方法:先行販売のためのURLのリンクが確認できるように案内される予定(現在発表無し)

→先行販売開始後、48時間以内に、URLにアクセスして、10setをロックしている個人のウォレットを接続して、BSCのネットワークにてBNBを送金する。

④上場:2022年4月14日現在 未定(上場先、上場時の価格など詳細は現状では不明です。)

→4月24日時点未公開となっているようです。

トア
トア

格闘技団体が運営するトークンなんだね!

GG
GG

そういうことじゃ!朝倉未来選手がアンバサダーに選ばれているだけでなく、青汁王子こと三崎優太氏も注目しているぞい!

トア
トア

UFCの次に大きな団体が主催しているなら注目度も凄いことになるね!

GG
GG

そうじゃな!まだトークンのプレセールが始まった段階じゃからこれからに期待じゃな!

トア
トア

私も目を離さないようにしなきゃ!

GG
GG

いいことじゃ!では今日のまとめに行くぞい!

朝倉未来選手がアンバサダー!FAME MMAとは?まとめ

FAME MMAとは

・「FAME MMA」とは2018年にヨーロッパのポーランドで誕生した格闘技イベント
・FAMEは「FAME MMA」が主体となって発行するトークン
・青汁王子がSNS上で言及したり、朝倉未来選手が公式アンバサダーに選ばれるなど多くの注目を浴びている
・FAME MMA 12大会では4,056,000視聴回数を記録
・5月14日に開催予定のFAME MMA14では、FAMEトークンを一つの決済手段として実装される可能性がある
・朝倉未来氏が2022年4月15日自身のYouTubeチャンネルにて「FAME MMA」のFAMEトークンのアンバサダーに就任することを報告した

いかがでしたでしょうか。
三崎優太氏が注目し、朝倉未来氏が公式アンバサダーを務める「FAME MMA」によって発行されるFAMEトークンは現在国内外で大きな注目を集めています。
皆さんも本記事をご覧になったことをきっかけに今後大きな盛り上がりを見せることが期待されるFAMEに触れてみてはいかがでしょうか♪

タイトルとURLをコピーしました