金と連動したステーブルコイン?ジパングコインとは

トア
トア

株式会社bitFlyerBlockchainが新たな暗号資産を発行する話って聞いた?

GG
GG

発行? ジパングコインのことかのう?

トア
トア

それそれ!日本を代表する暗号資産取引所が発行ってすごいよね

GG
GG

勘違いしておるぞ、発行は三井物産デジタルコモディティーズ株式会社というところじゃ

トア
トア

そうなんだ!ビットフライヤーは?

GG
GG

ブロックチェーンの提供じゃな、よい機会じゃ全体的にジパングコインのことを見ていくかのう

2月8日(火)に一般利用者向け口座開設申し込みの受付を開始し、2月17日(木)より取引を開始する予定となっているジパングコインは、国内初の金(ゴールド)価格に概ね連動することを目指す暗号資産として新たに発行されていきます。

今回の記事では具体的にどんな通貨なのか見ていきましょう。

ジパングコインとは

ジパングコインは英語表記をするとZipangcoinとなり、ティッカーコードはZPGとなります。
今回話題になっている最大の特徴は、株式会社bitFlyerBlockchainが独自開発したブロックチェーン「miyabi」を使用していることといえます。
miyabiの特徴や、ジパングコインの今後についてなど今回見ていきたいと思います。

【ブロックチェーンmiyabi】

miyabiの特徴として、まず処理速度の速さが挙げられます。
独自のコンセンサスアルゴリズム「BFK2」により、高スループットと低レイテンシーを実現し、4,000件/秒の処理速度を有しています。
かなり高速な処理ができると評価されているリップルでも1500件/秒といわれているので、非常に速い処理が行われていることがわかりますね。
株式会社デジタルアセットマーケッツ代表取締役の西本一也氏は、「ジパングコインの基盤システムとして最も評価したポイントは、「miyabi」の特徴の一つである高トランザクション処理とコメントしているほどです。

またその他の特徴として、データが必ず確定するファイナリティーが確保されている点やビザンチン耐性(BFT)を備えているなどもあります。

ビットコインやイーサリアムのブロックチェーンの問題点として、データがいつまでたっても確定しないことがひとつあげられます。
miyabiに関しては、一度書込まれたデータがなくなることや覆ることがないようにアルゴリズムが作られてるとのこと。

このように次世代のブロックチェーンとして作られたmiyabiを使用したジパングコインがどのような道をたどるのか気になるところですね。

【金地金を裏付け資産】

ジパングコインは金地金に裏付けされたステーブルコインになり、現物価格に連動する設定になっています。

金地金という言葉はあまり普段聞く言葉ではないかと思いますが、意味合いとしては金塊のことを差し、インゴットとも呼ばれています。
現在投資の世界で取引される金地金は、厳密な審査基準をクリアした品質が保証されたものだけとなっています。

もともと暗号資産の元祖であるビットコインは、デジタルゴールドとも呼ばれており金によく例えられていました。
ドルや日本円に紐づけられた暗号資産が数多く出てきた中、いつかは出るとなんとなく思っていた方も多いかもしれませんが金に連動する暗号資産が出ることは非常に面白いことだと感じています。

【今後の展開】

ジパングコインの今後の展開については、あくまでも現在発表されている中からの情報になりますので、今後変わる可能性があることはご了承ください。

まず、資産運用やインフレヘッジ手段を主な用途として、デジタルアセットマーケッツが販売し、ほかの暗号資産交換業者も取り扱えるようにする予定とのこと。
少しずつ国内での取り扱いが増え、後々海外の取引所でも扱う日が来るかもしれません。
また、将来的にはジパングコインを送金や決済手段として利用できるサービスも提供する計画もあり、金現物やほかの暗号資産と交換できるようにすることも計画されているみたいです。

分散投資として金の現物を持つ投資家もいることを考えると、金と連動したジパングコインを保有する方も増えていくかもしれませんね。
この他にもコンビニエンスストアなどでのスマホアプリを介した決済も可能にしたいとのコメントもあり、デジタルマネーとして当たり前に使う日が来るかもしれませんね。

そんなジパングコインは2月17日から販売開始予定になりますので、気になる方は購入してみるのも面白いかもしれませんね。

トア
トア

なんかありそうでなかったけど、金との連動ってすごいね

GG
GG

うむ、まさにデジタルゴールドといった感じじゃな

トア
トア

私も欲しい…

GG
GG

販売されたら、是非手に取ってみるとええ

トア
トア

金…金…

GG
GG

目が完全にいっておるな…そろそろまとめるから戻ってきなさい

金と連動したステーブルコイン?ジパングコインとは、まとめ

ジパングコインとは

・国内初の金(ゴールド)価格に概ね連動することを目指す暗号資産
・ティッカーコードはZPG
・株式会社bitFlyerBlockchainが独自開発したブロックチェーン「miyabi」を使用
・独自のコンセンサスアルゴリズム「BFK2」により、高スループットと低レイテンシーを実現し、4,000件/秒の処理速度を有している
・デジタルアセットマーケッツが販売し、ほかの暗号資産交換業者も取り扱えるようにする予定
・将来的にはジパングコインを送金や決済手段として利用できるサービスも提供する計画もあり
・コンビニエンスストアなどでのスマホアプリを介した決済も可能にしたいとのコメントもある


いかがだったでしょうか?
国内でも暗号資産やブロックチェーンが話題になることも増えてきましたが、当たり前に使っていく日もそう遠くないのかもしれません。
金は何千年も前から価値があるものとして存在し、現在もその価値は高いままです。
そういった意味から、しっかりとしたシステムで稼働すればジパングコインの価値も非常に高いものになっていくかもしれません。
今後の展開に注目していきたいですね。

タイトルとURLをコピーしました