2022年メタバース・NFTトピックス第一弾!

トア
トア

ねぇ、GG!

GG
GG

ん?なんじゃ?

トア
トア

この前メタバースとかNFTの話をよくしてもらってたじゃん?

GG
GG

おお、そうじゃな

トア
トア

それで色々私なりにアンテナを張ってたんだけどね、どんどん話題が大きくなってるみたいだよ!

GG
GG

ほほう、じゃあ今日はどんな話題があったのか教えてくれるかの?

2021年はNFTやメタバースのジャンルがトレンドとなり、大きな注目を浴びました。
そして年が明け2022年を迎えて間もないですが、そんな中でも続々とNFTやメタバースに関するニュースが多く飛び交っています。
本記事ではそんな数多くのニュースの中からいくつかをピックアップしてご紹介していきたいと思います。

メタバーストピックス

ここではまずメタバースに関するトピックスをご紹介していきたいと思います。

ここでご紹介するメタバース関連トピックスは

・sony社:メタバース事業参入
・Samsung社:Decentralandと提携
・META社:VR/ARのOS開発プロジェクト中止

という3つのニュースです♪

【sony社:メタバース事業参入】

2021年12月Sony Technology Dayという研究開発技術の公開を目的としたイベントが開催されました。

本イベントで発表された内容の内、1型4Kの有機EL(OLED)マイクロディスプレー素子、それを実装したVRゴーグル、そしてそのゴーグルで見る映像コンテンツ作成技術などに関する発表がありました。

sonyはこれらの技術をもって、独自のメタバースの構築を進めていく戦略であるようです。

sonyによるとOLEDマイクロディスプレーはSIDなどの学会でも未発表であると言われており、実演されたコンピューターグラフィック映像は実写映像となんらそん色のないクオリティになっていたとのことです。

私たちがVRゴーグルで実写さながらのメタバースを楽しめる日もそう遠くないかもしれませんね♪

【Samsung社:Decentralandと提携】

Galaxyなどのスマートフォンなどで知られるSamsung(サムスン)がDecentraland上で期間限定のバーチャルストアを展開したとのことでした。

今回はLAND上にマンハッタンにある同社の旗艦店舗をモデルに「Samsung 837X」という名前のバーチャル店舗をオープンしており、ここではsamsungが行っている植林活動の体験や限定のNFTウェアラブルコレクションやライブダンスパーティー参加権の抽選に参加ができるクエストなどもあったとのことです。

samsungはこの他にもブロックチェーン関連のリリースを立て続けに行っている為、ブロックチェーンやNFTに対して積極的な姿勢を見せている事がわかりますね。

【META社:VR/ARのOS開発プロジェクト中止】

The Informationの報道によると、META(旧facebook社)が独自開発を行っていた、VR/ARのOS開発プロジェクトを中止したとの事です。

META社2017年より開発が進められていた「XROS」というVR機器で利用される予定だったプロジェクトが、昨年時点で300人規模で進められていたという事ですが、今回のOS開発の中止について同社広報担当は、「リアリティOSの構築に関する業務を停止、規模の縮小などをすることはない」という旨の釈明をしているとのことでした。

トア
トア

sonyが開発しているVRゴーグルってなんか凄そうだね!

GG
GG

そうじゃのう、その他にもsonyが次世代VRシステムのリリース予定なんかもあるとかなんとか

トア
トア

PlayStation VR2っていう名前らしいよ!

GG
GG

ほう、プレステか!

トア
トア

そうそう、ゲームソフトの開発もあるらしいね!

GG
GG

それは今後のsonyに目が離せないのう!

NFTトピックス

続いてNFT関連のトピックスをご紹介していきたいと思います。

こちらでご紹介するのは

・ミクシィ社:Dapper Labsと業務提携
・スクエニ社:ブロックチェーンゲーム本格参入検討
・コナミ社:NFTオークション参入
・Game Stop社:NFT電子市場ローンチ予定

の4つのニュースになります♪

【ミクシィ社:Dapper Labsと業務提携】

ミクシィによると、2021年11月1日にカナダに本社を置くDapper Labs社と業務提携に関する基本合意書を締結したとの発表がありました。

これにより、日本市場においてDapper Labs社が提供するブロックチェーン「Flow」を活用した新規事業創出を目指していくとのことです。

主な合意内容として、ミクシィ社がブロックチェーン「Flow」を活用した新規事業の企画、開発を行い、Dapper Labs社はブロックチェーン技術や運営ノウハウ、開発支援等を行い日本国内でサービスの展開をしていくようです。

【スクエニ社:ブロックチェーンゲーム本格参入検討】

2022年1月1日、株式会社スクウェア・エニックスの松田洋祐社長が発表した年頭所感でブロックチェーンゲームなどの分散型ゲームも、同社のポートフォリオに取り込んでいきたいとブロックチェーン技術に対し前向きなコメントがありました。

松田社長はブロックチェーン技術を活用した分散型ゲームが今後のゲームのあり方の潮流の一つになっていく事に期待すると発言しており、また社会動向が暗号資産を受容しつつあることから将来的に自社トークンの発行も見据えたうえで事業展開を本格化させていくとのことでした。

またNFTについても言及しており、現在コンテンツの価値とは比例することなく「やや投機的な色彩を帯び、過熱している状況も散見される」というコメントとともにいずれは適正水準に落ち着き、有体物取引と同じようにもっと浸透していくのではないかという旨のコメントも残しました。

【コナミ社:NFTオークション参入】

2022年1月6日、株式会社コナミデジタルエンタテインメントは人気シリーズ「悪魔城ドラキュラ」のNFTをリリースすると発表しました。

これはOpenSea上で1月13日よりオークションを開始するとのこと。
オークション参加要件として「成人であること」とされており、支払については暗号資産wETH(ラップドイーサリアム)を利用するようです。

今回は14点の限定版公式NFTが販売され、日本時間1月13日午前7時から15日午前11時までの開催となっています。

コナミ社は今後もIP(知的財産)を活用した新たな商品の開発を視野に入れているとのことです。

【Game Stop社:NFT電子市場ローンチ予定】

2022年1月6日ロイター通信より、米ゲームストップ社がNFTを売買するオンライン市場の開発や、暗号資産分野の提携を担う部門を立ち上げるという旨の報道がありました。

その後Game Stop社の株価は27%の急騰を見せました。

ウォール・ストリート・ジャーナルによると、Game Stop社は年内にNFTのオンライン市場を開設する予定で、一部のゲーム開発者らに出品を求めているとのことでした。

またGame Stop社はこの部門の運営担当者として20人以上を採用し、アバターの装備や武器などのゲームに関連した仮想収集品のNFTを売買するオンライン市場を構築しているとのことです。

トア
トア

NFTも有名な大手企業がどんどん参入してきているんだよ!

GG
GG

ミクシィやコナミなんかはわしも知っているような有名企業じゃな

トア
トア

ここ1.2年で話題になっているNFTやメタバースを凄いスピード感で大きな企業が取り入れてきてるからわくわくするね!

GG
GG

そうじゃのう、そのうち本当に日常生活で身近なものになっていくんじゃろうな!

トア
トア

そうだね!楽しみにして待っていようね!とりあえずトピックスをまとめていくね!

2022年メタバース・NFTトピックス第一弾!

2022年メタバース・NFTトピックス

メタバーストピックス
・sony社:メタバース事業参入
・Samsung社:Decentralandと提携
・META社:VR/ARのOS開発プロジェクト中止


NFTトピックス
・ミクシィ社:Dapper Labsと業務提携
・スクエニ社:ブロックチェーンゲーム本格参入検討
・コナミ社:NFTオークション参入
・Game Stop社:NFT電子市場ローンチ予定


いかがでしたでしょうか。
2022年年初を中心にメタバースやNFTに関するニュースが多く発表され、大きく盛り上がりをみせました。
多くの大手企業の参入もあり、今後のNFTとメタバースの業界も更に大きく盛り上がっていきそうですね♪
トアとGGも感じたようにメタバースやNFTが私たちの身近な存在になる日もそう遠くないかもしれませんね♪

タイトルとURLをコピーしました