インターネットの新常識!?web3.0とは!

トア
トア

ねぇGG

GG
GG

どうしたんじゃ?

トア
トア

最近よくweb3.0って言葉を見かけるんだけど、これってどういう意味なの?

GG
GG

ほほう、web3.0か。面白いものに目を付けたのう。これはな、早い話がwebのフェーズの事じゃ。

トア
トア

フェーズ?

GG
GG

そうじゃ。時代とともにwebの形も発展しておってな、ちょうど良いから今日はwebのフェーズについて少し話をしていくとするかのう。

暗号資産やブロックチェーンに触れているとweb3.0という言葉を見かけることがないでしょうか?
先ほどGGも言っていた通りwebにはフェーズがあり、今現在注目されているのがweb3.0です。
本記事ではそんなweb3.0について詳しく解説していきたいと思います♪

web3.0とは

web3.0とは前述でもお話した通りwebの第3フェーズの事を指します。
ブロックチェーン技術を活用したwebの形であり、これまでの形であるweb2.0から進化しこれからweb3.0の時代が来るといわれています。

それではこれまでのwebのweb1.0、今現在のwebのweb2.0、これから来ると言われているweb3.0について1つずつ解説していきたいと思います。

【web1.0】

web1.0はWWW(ワールドワイドウェブ)が登場した1989年から2005年頃までのインターネットwebを指すと言われています。

この時期は非常にシンプルなテキストベースのインターネットになっており、なおかつ情報が一方的なものでした。

そして電話回線を使用した「ダイヤルアップ」という回線速度も非常に低速のものであったため、画像1枚の読み込みにも時間がかかる、インターネットの使用時には電話が利用できない等の問題もあったと言われています。

【web2.0】

Web2.0とは、GAFAMなどの「テックジャイアント」と呼ばれる巨大IT企業たちがインターネットに大きな影響を与えている、2000年代中盤から現在にかけてのWebのことです。

Web2.0では通信状態や回線速度が大きく改良され、革命がおきました。

安定性が高く、早くて低価格の回線によってより多くの時間をインターネットに利用するようになりました。

インターネットは世界中の人が双方向に情報を発信することができるようになり、SNSやクラウドサービスが発展しました。

しかし、発展したSNSやクラウドサービスを提供する大企業に様々な情報が集中し、プライバシーの侵害や言論の自由が迫害されるなどの問題が生まれました。

【web3.0】

Web2.0世代の次の世界として注目を集めているのがWeb3.0です。

Web3.0はブロックチェーンなどの分散型のネットワークを基礎とした非中央集権的なWebです。

分散型ブロックチェーンを活用することでWeb2.0世代の中央集権による課題を解決しうる新しい世界と考えられています。

Web3.0世代の主な特徴は次の通りです。

・個人情報を自分で管理することができるようになる
・大企業によるマージンの搾取が無くなる
・言論の自由やプライバシーが保護されやすくなる
・ブロックチェーンを利用することによりセキュリティが向上する

Web3.0世代では、中央集権から脱し、個人の意思や情報が守られやすくなることが期待されています。

web1.0が単方向、web2.0が双方向という性質があるとすればweb3.0は分散管理・多方向に繋がる性質を持っていると言えますね。

トア
トア

なるほどね!言われてみると確かに一昔前のwebってただサイトを見ているだけで私たちから発信するイメージってなかったかも!

GG
GG

そうじゃな、それが所謂web1.0の時代じゃな。

トア
トア

そうして、最近はSNSなんかで私たちも情報の発信ができるようになったね!

GG
GG

それがweb2.0の最たる例と言えるな。じゃが前述したようにweb2.0までのwebには問題があっての、その問題の解決に期待ができるのがweb3.0というわけじゃ

トア
トア

セキュリティ面なんかに期待ができるね!

GG
GG

それだけではないが早い話がそういうことじゃな。次は実際にどんなwebサービスや銘柄があるか話をしていくぞい

Web3.0の実例

ここまではweb3.0とはどういったものなのかという点についてお話をしました。
では実際にweb3.0関連の銘柄をいくつかご紹介していきたいと思います。

【web3.0銘柄紹介】

ここでは当ブログでも過去にご紹介している3つの銘柄についてお話していきたいと思います。

・BAT/ベーシックアテンショントークン

BATはBraveというwebブラウザを提供するブロックチェーンプロジェクトです。
Braveではブラウザ上に表示される広告の有無などをユーザー自身で調節することができます。

BATやBraveについて詳しく知りたい方は上記リンクより解説記事をご覧ください♪

・JMY/ジャスミー

Jasmyは2021年10月に日本国内の取引所であるビットポイントに上場したことでも話題を集めました。
Jasmyはデータを分散管理することで「データの民主化」を目指していると言われています。

Jasmyの詳細は上記リンクよりご覧ください♪

DOT/ポルカドット

Polkadotはより公平かつユーザー主権的な分散型Web(Web3.0)の構築を目指す団体、Web3 Foundationが主導で開発を行うPoS(Proof-of-Stake)系のブロックチェーンプロジェクトです。

こちらのPolkadotも過去に当ブログで解説していますので、上記リンクより是非ご覧ください♪

【web3.0の今後】

これからのwebとして注目を浴びているweb3.0ですが、関連する銘柄を含め今後の動向が気になる所だと思います。

今後の動向として想定される要素として挙げられるのは、

・webユーザーへの分散型webの認知・普及
・web3.0銘柄の高騰

などがweb3.0の発展に繋がっていくことが予想されると言われています。
ユーザーにとってセキュリティ問題などはwebを活用する上で避けては通れない問題である為、ブロックチェーンを活用したデータの分散管理が多くの場面で実用化・運営されることで更にweb3.0は多くのユーザーに広まっていくのではないでしょうか。

トア
トア

web3.0と言われると耳に馴染みが無かったからイメージが沸かなかったけど、知っている銘柄が出てくるとわかりやすいね!

GG
GG

そうじゃろう、実際分散型webやアプリケーションもリリースされてきているからのう

トア
トア

web3.0がベーシックになる時代もすぐそこかもね!

GG
GG

そう遠くない未来かもしれんのう、これでweb3.0がどういうものかわかってもらえたかの?

トア
トア

うん!ありがとうGG!

GG
GG

とんでもないわい、じゃあ今回のまとめに入るぞい

インターネットの新常識!?web3.0とは!まとめ

web3.0とは

・webのフェーズのことを指す
・時代とともに偏移しweb1.0からweb2.0に移り変わり、これから先web3.0の時代が来るといわれている
・web3.0は従来のwebと違い、ブロックチェーンのシステムを活用した新しい形態
・web3.0にはブロックチェーンベースのブラウザやアプリケーションが存在している
・将来的にユーザーへの認知やweb3.0の拡大が進むことで大きく発展することが期待されている


いかがでしたでしょうか。
web3.0は今後のインターネットwebやアプリケーションにおいての新常識となりうる新しい仕組みであることがおわかりいただけたかと思います。
今現在着々と新しいアプリケーションなどが開発されているので、web3.0がインターネットの世界での常識となる日もそう遠くないかもしれませんね♪

タイトルとURLをコピーしました