人気沸騰中!?韓国発の暗号通貨Terra(Luna)とは

トア
トア

GG、なんか最近急上昇してる暗号資産があるよ

GG
GG

Terra(Luna)のことかのう?

トア
トア

あー、確かそんな名前だった気がする

GG
GG

なんとなく見ておるだけなのか?

トア
トア

全体的に価格下がってるときにすごく上がってたから気にはなってたんだけどね

GG
GG

ふむ、気になっておるのなら少しばかり教えてやろうかの

Terra(Luna)とは

Terra(Luna)は、韓国のソウルにあるテラフォームラボが発行している通貨になります。
12月23日の段階では時価総額が9位となるほどの価値があり、12月に入っても急上昇をしている通貨です。

具体的にどのような特徴があるのかなどを見ていきましょう。

【ステーブルコイン開発プロジェクト】

先ほどテラフォームラボが発行と記載しましたが、プロジェクトの名前でもあります。
Terraは独自のアルゴリズムを用いたステーブルコインのプラットフォームになります。
そして、LUNAはそのTerraで使用されるガバナンストークンとなります。

特徴としては、法定通貨と価格が連動するステーブルコインを発行し、グローバルな決済システムを提供する決済プラットフォームという点です。

Terraの主なステーブルコインは、
・TerraUSD (UST):米ドルのステーブルコイン
・TerraKRW (KRT):韓国ウォンのステーブルコイン
・TerraMNT(MNT):モンゴルトゥグルグのステーブルコイン

が挙げられます。
これらの通貨はバイナンスにもすでに上場しています。

ステーブルコインとは、法定通貨と価格が連動する仕組みとなっているため、価格も安定しており値動きの激しい暗号資産の中でも安定した資産としてのメリットが大きい存在といえます。

これは韓国初のステーブルコインプロジェクトとなっています。
一つの国だけでなく、様々な国のステーブルコインを発行していることは大きな特徴といえますね。

【ガバナンストークン】

ガバナンストークンはLUNAであると先ほど記載しました。
これはステーブルコインのように外部で使えるといったものではなく、プラットフォーム内で利用するトークンということになります。

ガバナンストークンは投票権でもあり、プロジェクトの方針決定を投票で決定する際に用いるトークンとなっています。
それだけでなく、ステーキングへの報酬や新規プロジェクトの資金調達という意味でも発行されることがあります。

LUNAの場合は、スマートコントラクトの仕組みにより一定以上の安定性が損なわれた場合、自動で市場のLUNA供給量が増減していきます。
このアルゴリズムにより価格の安定性を実現しているため、LUNAはアルゴリズムステーブルコインとも呼ばれたりしています。

【DeFiプロジェクト】

Luna(Terra/テラ)はステーブルコインプロジェクトだけでなく、DeFiプロジェクトも展開しています。

・レンディングサービス
これはステーキングというサービスになります。
簡単に言えば、プラットフォームでガバナンストークンであるLUNAを預けることにより報酬が得られるということになります。
そのほか保有者はLUNAの決済時のトランザクション手数料を得ることも可能となっています。

・Dropship
これは、ステーブルコインであるUSTをTerraだけでなく、ビットコインやイーサリアムなどの暗号資産ブロックチェーンに移動することが可能なプロトコルになっています。
EthtereumとSolanaのブロックチェーンにステーブルコインを移行可能になっていることで、様々なDeFiやDEXなどでもUSTの使用を目指しています。
これが実現するとTerraの利用シーンが増加することになるため、さらに認知や需要が広がっていくことになるでしょう。

【価格推移】

最後に価格推移を見ていきます。

全体的に見て2021年に入ってから上昇しています。
2021年3月ごろから緩やかに上がっていますが、預金サービスであるAnchorをリリースしたことが要因といわれています。
これにより月初めと比べると4倍ほど上昇をしています。

5月や6月頃の下落は暗号資産全体が下がっていることや、あまりにも急な下落が出たことでTerraのUSTはアルゴリズムをうまく働かせることが出来ずに価格が下落したともいわれています。

そして9月以降また急激な上昇を見せていますが、これは新しい開発プロジェクトの「ProjectDawn」が発表されたことに起因といわれています。
また、バイナンスなどの海外取引所で新たな法定通貨にペッグしたステーブルコインが新規上場したことも大きな影響といえますね。

最後に11月後半から12月にかけて急上昇しています。
このタイミングはほとんどの通貨が下がっている中での上昇であるため、さらに注目をされたとも言えます。
要因としてはTerra基盤のアルゴリズムステーブルコイン「UST」の需要増えたことも要因とみられています。

価格が下がったりしているときはステーブルコインという安定した暗号資産に資金も流れているとも見られ、そういった意味でも今後も需要は大きくなる可能性があります。
さらにプロジェクトの進み具合や需要が増えることで時価総額としてももっと上がってくるかもしれません。

今後も注目するべき暗号資産の一つといえますね。

トア
トア

なんかすごいプロジェクトだね

GG
GG

ステーブルコインが注目されている中、この仕組みはすごいとしかいえんのう

トア
トア

そうだね、今後も目が離せないね!

GG
GG

そうじゃな、注目すべき銘柄の一つといえよう

トア
トア

来年とかもすごいコイン出てきそうだよね

GG
GG

言えてはおるが、気が早いぞい。とりあえず今回のまとめじゃ

人気沸騰中!?韓国発の暗号通貨Terra(Luna)とは、まとめ

Terra(Luna)とは
・韓国のソウルにあるテラフォームラボが発行している通貨
・独自のアルゴリズムを用いたステーブルコインのプラットフォームになる

・LUNAはそのTerraで使用されるガバナンストークン
・米ドルや韓国ウォンなどのステーブルコインを発行している
・DeFiプロジェクトも展開している
・2021年に入ってから上昇しており、特に9月以降急上昇している


いかがだったでしょうか?
急激な価格上昇や時価総額でのランキングも上位に来たことで国内でも認知されている暗号資産は今後も注目の銘柄といえます。
まだ国内では取り扱いはないものの、日本のステーブルコインを取り扱ったり、日本の取引所でも取り扱うとなれば今後さらに認知が広まっていく可能性もあるため、今後どのようなプロジェクトが新たに発表されるのか楽しみのある暗号資産といえますね。

タイトルとURLをコピーしました