次のブームの可能性を秘めた音楽NFTとは

トア
トア

NFTって本当にブームだよね

GG
GG

そうじゃな、何億とするアートが売れたなどのニュースも見ることもあるのう

トア
トア

私は絵とか描くの苦手だからな~

GG
GG

では音楽ではどうじゃ?

トア
トア

音楽にもNFTはあるの?

GG
GG

もちろんじゃ、今回は音楽のNFTについて教えていくかのう

NFTといえば高額で取引をされた絵のアートをイメージする方も多いのではないでしょうか?
NFTとは簡単に言えば替えの利かない、唯一無二の価値を持つトークンというものであり、デジタル創作物を商品化し、代替え不可の希少性を持たせて販売する方法のことになります。

今回は絵や写真が話題になっているNFTですが、次にブームが来るといわれている音楽のNFTについて見ていきたいと思います。

音楽NFTとは

音楽NFTとは、ミュージシャンが自分の楽曲をNFTとしてリリースしたもののことを言います。
音楽もデジタルコンテンツとして販売が可能であることや、絵と同じように個人でも音楽を商品化することも可能であるため、音楽もどんどんNFTとして広まっています。
具体的な特徴やどのような方法で販売をするのか?
また、収益や価値の担保は何なのかを簡単に解説していきます。

【音楽NFTの特徴】

音楽にかかわらずNFTの特徴という見方もできますが、一番の特徴は個人間で直接取引が可能というところです。

本来アーティストは、音楽を作成した場合はコピーなどの不正販売を防ぐためにほとんどが仲介業者を介して音楽を販売しています。
これによりアーティストは仲介業者に手数料を払うことが必要となってしました。

NFTにすることでブロックチェーンの技術により不正販売などの違法行為が発生する可能性が極めて低い状態で個人間での販売が可能になっています。
また、個人間での販売になるのでアーティストは仲介業者に多額の手数料を払う必要もないことも特徴の一つといえます。

そのほかにもアーティストは自身のライブのチケットやグッズなどもデジタルコンテンツとして販売をすることも可能になります。

【販売方法】

NFTとはいっても作曲方法は通常と同じ方法で作ります。
その後販売となるのですが、ここからが特殊なやり方になります。

手順としては
・NFTマーケットプレイスにログイン
現時点では一般的にOpenSeaやRaribleがメジャーなマーケットになっています。
そのほかにもThe NFT Recordsや.muraといったところもあります。

・暗号資産のウォレットを作成
これはメタマスクが最もおすすめです。

・ウォレットにNFT音楽の売買に必要な暗号資産を入金
基本的にはイーサリアムになります。その後必要に応じて手数料として使う暗号資産を保有しているとよいでしょう。

・マーケットプレイスで出品するNFTアートの販売条件を入力
・出品するNFT音楽をマーケットプレイスにアップロード

買い方に関して販売よりもシンプルになります。

手順としては
・NFTマーケットプレイスにログイン
・暗号資産のウォレットを作成
・ウォレットにNFT音楽の売買に必要な暗号資産を入金
・希望のNFT音楽を購入
となります。

こちらは購入側のやり方になるので、購入に必要な暗号資産が多めに必要なことが大切になってきます。

【今後の展開】

音楽の分野でもNFTの認知は徐々に広まっており、世界的に有名なアーティストも自身の作品を発表しています。
特に海外で盛り上がっている部分もあり、国内では海外に比べれば盛り上がりに欠けている部分があります。

その理由として、国内では取引をする市場が少ないという現状があります。
The NFT Recordsや.muraが国内のNFTマーケットプレイスになりますが、知名度などもまだまだ低い状態といえます。
またコインチェックなどもNFT市場としては有名ですが、現時点ではいくつかのブロックチェーンゲームで使用できるアイテムしか売買することができないなど、環境が整っていない部分があります。

逆に言えばそのあたりのインフラが進むことで一気に広まっていく可能性もあり、アーティストも作品をどんどん提供できる環境になればユーザーも増えていき、それによってさらに多くのアーティストが参入にさらにユーザーが増えていく…といったように規模が大きくなっていくと思われます。

取引が増えていくとガス代(手数料)が高くなりますので、そのあたりの対策も今後どうなるかは非常に注目するところですね。
イーサリアム自体がアップデートをしてガス代が安くなる、もしくはイーサリアムに代わる暗号資産で手数料の安いものを使用する、などが可能性としてありますので今後のニュースにも注目です。

トア
トア

今後の展開が楽しみな分野だね!

GG
GG

そうじゃの、NFTは芸術の分野で広まっておるから音楽も例外ではあるまい

トア
トア

私も音楽で…

GG
GG

芸術のセンスがあるとは思えんのじゃが…

トア
トア

今から練習すれば!

GG
GG

がんばってみなさい…さてこの辺でまとめておくぞい

次のブームの可能性を秘めた音楽NFTとは、まとめ

音楽NFTとは
・NFTにすることでブロックチェーンの技術により不正販売などの違法行為が発生する可能性が極めて低い状態で個人間での販売が可能
・アーティストは仲介業者に多額の手数料を払う必要もないことも特徴の一つ
・は自身のライブのチケットやグッズなどもデジタルコンテンツとして販売をすることも可能
・NFTマーケットプレイスにログインし暗号資産ウォレットを作成することで売買が可能になる
・国内ではまだ知名度は低いが、インフラが進むことで一気に広まっていく可能性がある
・ガス代の問題を解決する方法にも今後注目する必要がある


いかがだったでしょうか?
国内ではアートも含めNFTはまだまだ認知が広まっていない部分もあり、特に音楽はまだまだインフラも整っていない面があります。
しかし世界的に見ればNFTの世界はどんどん広まってきており、音楽も例外ではありません。
まだまだ課題はある分野ではありますが、メタバース内でNFTを扱うなどがメジャーになってくれば、音楽などをNFTで手に入れることが当たり前になる日もそう遠くないのかもしれません。
今後の展開にも注目ですね!

タイトルとURLをコピーしました