メタバースとは?わかりやすく解説!

GG
GG

トアよ、この前NFTが話題になっているという話はしたな?

トア
トア

うん!NFTバブルって凄いよね!

GG
GG

じゃあメタバースという言葉は聞いたことあるよな?

トア
トア

メ、メタバース…?

GG
GG

そうじゃ、まさか知らないわけないよな…?

トア
トア

し、しってるよ…!

GG
GG

はぁ…これは知らないやつじゃな…詳しく教えるからちゃんと覚えるんじゃぞ!!

皆さんはメタバースという言葉はご存じでしょうか?
Facebook社のCEOであるマーク・ザッカーバーグ氏によるメタバースへの言及でも大きな話題を呼んだので耳にしたことのある方も多いでしょう。
このメタバースは暗号資産やNFTとも深い繋がりのある分野です。
本記事ではそんなメタバースについての基礎の部分をわかりやすく解説していきたいと思います♪

NFTについては過去に当ブログでも解説しているのでこちらからご覧ください♪

メタバースとは?

まずはメタバースとはそもそもどういったものなのか?という点についてお話していきたいと思います。 

メタバースは元々暗号資産の分野のみで使われる言葉ではありません。
まずはメタバースという言葉の発祥やどういったものを指す言葉なのかという部分から見ていきましょう。

【メタバースの発祥】

メタバースは、インターネット上で広がる三次元の仮想空間を総称した呼び方です。

メタ(meta-超越)とユニバース(universe-宇宙)を掛け合わせた造語になっています。

メタバースという言葉が生まれたのは、1992年頃にSF作家であるNeal Stephenson氏が発表した「スノウ・クラッシュ」というSF小説だと言われています。

その後リンデン・ラボ氏が2003年にリリースした仮想空間サービスSecond Lifeが、最も仮想世界の概念に近い世界初のメタバースだと言われています。

ですが、メタバースには実は明確な定義は存在しないという意見もあります、メタバースという言葉がまだ存在しなかった1980年代にルーカスアーツ社が開発した、マルチ参加型のオンライン仮想空間Habitatがメタバースの走りになったのではないかという意見が上がっているのも事実です。

【ブロックチェーンとメタバース】

ではブロックチェーンとメタバースにはどのような関係性が築けるのでしょうか。
どのようなものがあるかは後述しますが、現在提供されているメタバースを活用したオンラインゲーム等の仮想空間はいくつかありますが、
それらの特徴として「広大なフィールド」「24時間常時オンライン」「膨大な数のアクセス数」を維持し続けなければなりません。

ここでブロックチェーンの技術を活用することによりこれに係る演算処理作業を分散させることが可能となります。

メタバースという仮想空間を維持することにおいて、ブロックチェーンの技術は非常に親和性が高いと言えますね。

そしてブロックチェーンと親和性が高いという事もあり、それに併せて密かにNFTとの可能性も注目を集めています。

トア
トア

なるほど!バーチャル空間的な感じ?

GG
GG

まぁ、ざっくりとしているがその認識で問題無いぞい

トア
トア

いま私たちがいる空間と別の空間を作り出している感じね!

GG
GG

そうじゃ、それがメタバースという概念じゃ

トア
トア

正直概念だと少しわかりづらくて、実装例みたいなものってないの?

GG
GG

もちろんあるぞい!さっきの話でも出てきたがゲームにメタバースを取り入れているものがあるからそっちを紹介していくぞい!

メタバースとゲーム

前述で挙げた通りメタバースという概念において親和性が非常に高いのがゲーム業界です。
オンラインゲームをされたことのある方であればイメージがしやすいかと思いますが、マルチ参加型のオンラインゲームではメタバースという概念を取り入れた所謂仮想空間を楽しむサービスがいくつかあります。

ここではその代表例とも言えるものをご紹介したいと思います。

【Fortnite(フォートナイト)】

フォートナイトはEpic Games社が提供するバトルゲームですが、バトルを楽しむ以外にも様々なコンテンツで楽しむ事ができる事で人気を博しました。
中でも著名なアーティストである米津玄師のバーチャルライブイベントやレオナルド・ディカプリオ氏が主演をつとめる「インセプション」上映など、これまで現実世界で行われていたイベントや興行が仮想空間で行われたことで大きな話題を呼びました。

【Minecraft(マインクラフト)】

Microsoft社の子会社にあたるMojang Studiosがサービスを提供しているMaincraftですが、
このゲームもまたメタバースを取り入れたゲームの代表例とも言えます。

Maincraftではプレイヤーが仮想空間でサバイバルを楽しむ事ができるゲームですが、それ以外の醍醐味として正方形のブロックを使い建築を自由に行うことができます。

この自由な建築でも人気を博し、ブロックを使った建築でどれだけ精巧な建物を作れるか、という点でユーザーの遊び心に火をつけ、しまいには町や現実世界に存在する有名な建物、有名なアニメに出てくる巨大な建造物を作ってしまうユーザーが出てきてしまうほど爆発的な人気を得ました。

トア
トア

ゲームの中でライブとか映画上映って本当に私たちが現実で楽しむものと変わらないね…!

GG
GG

そうじゃな、やはりコロナの影響で興行イベントが行いづらくなっている中では特に仮想空間というものが活きたんじゃろうな

トア
トア

確かに映画とかライブはおろか外出すらできなかったもんね!

GG
GG

そういうことじゃ、今後メタバースを取り入れたプラットフォームで現実世界と変わらないコンテンツが増えていくとも言われているから楽しみじゃの。さてまだまだしたい話はあるんじゃが今日はここで一度まとめていくぞい

メタバースとは?わかりやすく解説!、まとめ

メタバースとは

・メタバースは、インターネット上で広がる三次元の仮想空間を総称した呼び方
・メタ(meta-超越)とユニバース(universe-宇宙)を掛け合わせた造語
・メタバースという言葉が生まれたのは、1992年頃に発表されたSF小説
・その後リンデン・ラボ氏が2003年にリリースしたSecond Lifeというゲームが最も仮想世界の概念に近い世界初のメタバースだといわれている
・メタバースを取り入れたプラットフォームと親和性が高いといわれているのがブロックチェーン技術やNFTというシステム
・メタバースを取り入れたゲームはいくつかあり、その代表例には「Fortnite」や「Maincraft」などがある


いかがでしたでしょうか。
近頃よく耳にするようになったメタバースですが、実は1990年代から存在する言葉でした。
そしてそのメタバースは2003年のsecond lifeを皮切りに今ではメジャーなオンラインゲームにも取り入れられ発展しています。
本記事ではそもそもメタバースとは何か?という点にフォーカスしましたが、更に最近話題になっているメタバース関連のトピックスをまとめた記事も公開しますので是非そちらもご覧ください♪

タイトルとURLをコピーしました