【前編】暗号資産取引に欠かせない”板”とは?基本的な見方や使い方など徹底解説!

トア
トア

ねぇ、GG!板ってなに??

GG
GG

?!い、板か?

トア
トア

そう!板!!

GG
GG

まな板…?

トア
トア

え、何の話してるの?w

GG
GG

トア
トア

暗号資産だよ!

GG
GG

あっ、暗号資産の板のことじゃったのかw

トア
トア

板に表示されている情報はとても重要って聞いたんだけど、そもそも板が分からなくて…

GG
GG

なるほど、そういうことじゃったのか!じゃあ今日は、暗号資産の板について話していこうかのう!

暗号資産や株などに投資を行う際、「板」という言葉をよく耳にすることがあるかと思います。
この、板に表されている情報は投資を行う上でとても重要な情報となってきます。
しかし、中には「そもそも板ってなに?」と言う方や、「イマイチどうやって読み取るのか分からない」と言う方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで今回の記事では、暗号資産の板について読み方や使い方などを前後編に分けて詳しく解説していきたいと思います。
前編となる本記事ではそもそも板とは?という基本的な部分の解説となっております♪

暗号資産の板って?

暗号資産の取引には、株式の取引と同じような「板」というものが存在します。
この板には、その暗号資産を売りたい人と買いたい人、それぞれの希望の価格と数量が並んでいます。
また、いくら買う、いくら売るなどの注文を出すと、その注文情報が板に反映されます。
売りたい人の情報が乗っているものを「売り板」、買いたい人の情報が乗っているものを「買い板」です。
簡単に表すと、取引所に参加しているユーザーの注文状況が分かる便利な表のことです。
英語では、オーダーブック(Order Book)とも呼ばれています。
また取引形態の一つとしてAMMというものが存在します♪
AMMについてはこちらをご覧ください♪

元々、証券取引所で売買注文の際黒板に書き込んでいたことが、板という名前の由来だと言われています。
板を見ることによって、自分が売る場合にどの価格で注文を出せばいいかという点や、買う場合にはどの価格で注文を出せばいいのかなどが分かるようになるので、暗号資産の売買を行う際には必ず板をチェックする必要があるというこです。

【売り板と買い板】

板は、売り板と買い板から成り立っています。
売り板は、売りたい人の注文一覧となっており、今いくらで買えるのかの参考になります。
買い板は、買いたい人の注文一覧となっており、今いくらで売れるのかが分かります。
今回は例として、暗号資産取引所ビットフライヤーの板を用いて解説していきたいと思います。

上の青色の部分が売り板、下の赤色の部分が買い板です。
買う時には売り板を、売る時には買い板を参考にするため、それぞれに購入(買値)、売却(売値)が記入されています。
板を確認することで、今いくらでどれほどの暗号資産が注文されているか判断することができます。

【板は指値注文のみ?!】

暗号資産取引の注文方法は、指値注文と成行注文の2種類があり、板では指値注文のみが表示されています。

指値注文は数量と価格を指定する注文で、買う時は価格が指値以下にならなければ取引が成立せず、売り時には価格が指値以上にならない限り取引が成立しません。

希望する価格で取り引きを行うことが可能なのですが、買い手と売り手がつくまで注文は残ってしまいます。

板では、指値注文の中で取引が未成立のものが一覧に表示されているのです。
指値で新しく価格を提示すると、その価格が板に加えられます。

このように、指値注文で板に新しい価格を作ることをメイカーとも言います。
メイカーの注文によって市場が活性化されるということもあり、取引の手数料を安く設定している取引所も多く存在します。
メイカーについきましては、下記の記事で詳しく解説しておりますので是非ご覧くださいませ。

もう1つの方法である成行注文では、価格の設定は行わず、数量だけを設定して行う方法となっています。

成行注文の注文情報は板には表示されません。
買う場合はその時に最も安い注文から、売る場合はその時に最も高い注文から順に取引が行われます。
その場の注文で取引を行うので、即座に売買を行うことが可能となります。

【板があるのは取引所のみ】

暗号資産を売買する方法には、取引所と販売所の2つがありますが、板は取引所にのみ存在します。

取引所には、買いたい人と売りたい人が集まっているマッチング会場のようなもので、取引の相手は個人や企業などの一般投資家となっています。

この中で、板は取引に参加する参加者が出す指値注文の一覧です。
一方、販売所の取引相手となるのは、暗号資産を取り扱う業者となっています。
業者が相場に手数料を加えた価格で暗号資産の販売を行います。

販売所ではスプレッドと呼ばれる手数料が価格に含まれており、売値を下げて買値を上げることによって、その差額が業者の利益となるのです。

スプレッドは隠れた手数料とも言われており、気づかないうちに額が大きくなる場合もあるので、スプレッドの意味や仕組みをしっかりと理解した上で取引を行うようにしましょう。
販売所では、暗号資産の売買価格が決められており、個人で新しく価格を指値で注文することは基本的にできなくなっています。

板の有無だけではなく、手数料なども取引所と販売所には多くの違いがあるのです。
暗号資産を始める際や取引を行う際は、取引所と販売所の違いをしっかりと理解した上で行うようにしましょう。

トア
トア

なるほど~、板は指値注文のみで、販売所にはないんだね!

GG
GG

うむ、そうじゃ

トア
トア

じゃあ、板を見れるようになると状況が分かって取引を行いやすくなるってことだよね?!

GG
GG

まぁ、簡単に言うとそういうことになるのう

トア
トア

見方についても教えてよ!

GG
GG

もちろんじゃ!じゃが今日は一旦ここまでの内容をまとめていくぞい!

【前編】暗号資産取引に欠かせないの”板”についてのまとめ

暗号資産の板について

・いくら買う、いくら売るなどの注文を出すとその注文情報が反映される
・売りたい人の情報が乗っているものを「売り板」
・買いたい人の情報が乗っているものを「買い板」
・英語でオーダーブック(Order Book)とも呼ばれている
・指値注文のみが表示されている
・板取引は取引所でのみ可能となっている


いかがだったでしょうか?
今回は、暗号資産の板についての解説記事前編となりました。
株取引や暗号資産取引において、板というシステムは非常に大きな存在と言えます。
本記事をご覧になった皆さんの今後の投資活動に活かしていただけると幸いです♪

タイトルとURLをコピーしました