【後編】話題の分散型アプリケーション!DAppsとは?

トア
トア

GG!この前のDAppsの続き教えてよ!

GG
GG

おお、そうじゃったな。じゃあ今日はDAppsの仕組みで作られているゲームを解説していくぞい!

トア
トア

それってどういうゲームなの?

GG
GG

そうじゃのう、前編でも説明したようにブロックチェーンのテクノロジーを使うことでそのメリットを受け継いでいるとでも言っておくかのう

トア
トア

なるほど?

GG
GG

まぁ、その辺も詳しく説明していくぞい!

前編ではDAppsとは何かを中心に解説をしました。
後編であるこの記事では、DAppsの仕組みによって作られているゲームについて解説していきます。

DAppsゲーム(ダップスゲーム)とは

DAppsとは、分散型アプリケーションであると前編で解説しました。
つまり、分散型アプリケーション上で動くゲームのことをDAppsゲームと呼びます。

スマートフォンの普及などで、アプリによるゲーム(ソーシャルゲーム)が主流となっていると言っても過言ではない時代になっていますが、そのほとんどは企業が管理している中央集権型のゲームになります。

DAppsゲームは、前編でも解説した通り分散型であるため中央管理型ではなく、ブロックチェーンを利用した分散型(非中央集権)になるため、様々な違いが発生します。
まずはその特徴を見ていきましょう。

【DAppsゲームの特徴】

(1) ゲーム上で育てたキャラクターを販売できる

これまでのソーシャルゲームでは、課金したお金やプレイをした時間は、そのソーシャルゲーム内でしか価値がないものになっています。
そのゲームで手に入れたキャラクターなどは誰かに売ったり出来なかったり、自身のお金に変換することはできません。

しかし、DAppsゲームでは育てたキャラクターやアイテムを他人に販売できるようになっていることが大きな特徴と言えます。
つまり、プレイヤーはゲームを楽しみながらお金を稼ぐ事が実現できるとも考えられるということです。

今まででは考えられないような革新的なサービスとみることもでき、これによってDApps ゲームを遊ぶ人が増え、キャラクターやアイテムの売買市場が大きくなる可能性を秘めています。
こういったゲームが主流になる時代が来れば、ゲームを楽しみながら、現実社会でお金を稼ぐ事ができる世界へと大きく変化する可能性を秘めていると言えます。

(2)データの改ざんを防げる
これまでのソーシャルゲームでは、何らかのツールやソフトを用いる事でキャラクターやアイテムの改造を行うような不正(チートなど)が起こっていることが問題になることもあります。
対処法としては運営側が監視をする必要があったり、または運営側が不正(ガチャの確率の誤りなど)を行う可能性も0とは言えません。

DApps ゲームでは、ブロックチェーンの技術を用いることでデータの改ざんを防げるので、ゲーム内のデータの安全性・整合性が守られるといえます。

データを安全に保管し、ゲーム内での不正を防ぎ、安心・安全な運営を行うことができることは、ゲームプレイヤーだけでなくゲーム運営会社にとっても大きなメリットと言えるでしょう。

(3)データの信頼性の高さ
改ざんが防げるという部分で先ほどと重なりますが、ブロックチェーンをゲームのインフラとして利用する事で不正や改ざんが事実上行えないため、データの信頼性が保たれるということも大きな特徴といえます。

プレイヤーが行なったゲーム内でのプレイ履歴は、全てブロックチェーン上に記載されているため信頼性の高いデータに基づきプレイする事が可能になります。
またブロックチェーンの特性上、全てのユーザーの履歴を確認できるので、ゲーム自体の透明性も高いと言えます。

トア
トア

ブロックチェーンのメリットを受け継いでいるってこういうことだね!

GG
GG

そうなんじゃ、ブロックチェーンにおける透明性やセキュリティの高さがふくまれているということじゃな!

トア
トア

なるほど!そのDAppsのゲームってどういったものがあるの?

GG
GG

そうじゃのう、正直かなりの数があるからのう…いくつか絞って紹介してみるぞい!

DApps 実際のゲーム紹介

DAppsゲームは現在でも多数出ていますが、今回は
・ブレイブ フロンティア ヒーローズ
・dApps神社

の2つをピックアップしご紹介していきます。

【ブレイブフロンティアヒーローズ】

「ブレイブフロンティアヒーローズ(通称ブレヒロ)」とは、シリーズ全世界合計3800万DLを誇る「ブレイブフロンティア」のキャラクターやアイテムがブロックチェーン技術によってプレイヤーの資産となる、新しいスタイルのオンラインゲームです。

PC版はゲーム公式サイトにアクセスすると簡単に遊べます。
スマホ版は専用アプリをインストールすることで誰でも簡単に遊ぶことができます。

上記画像ではすでに接続していますが、メタマスクを入れてイーサリアムネットワークで接続することによってプレイすることができます。

基本的には無料で遊べますが、イーサリアムもしくはクレジットカードで課金をすることもできます(このゲームではゼルというお金になります)。

このゼルというゲーム内のお金を使う事によって、キャラクターを手に入れることもできます。
キャラクターやアイテムは発行数が限定されています。
そのため、ブロックチェーン技術によってプレイヤー自身の資産として管理され、プレイヤー同士で譲渡や売買も可能になります。
さらに言えば、ゲーム内を跨いだ資産の相互利用も可能になります。

これはまさに、ブロックチェーンの特性を使用したDAppsゲームならではのゲーム性と言えます。

【dApps神社】

「dApps神社」は、株式会社CryptoLabと株式会社SANKYOが共同開発したイーサリアムのブロックチェーンを使った占いサービスです。
暗号資産のETHで占いを購入することで30日間、毎日無料で本格的な占術による占い結果を見ることができます。

また、占いのおまけとしてNFT(Non-Fungible Token)と交換できるチケットが貰えます。
交換出来るNFTは、dApps神社オリジナルのもの、もしくは他DAppsゲームのNFTアイテムと交換できます。

そして、2021年7月30日時点では「dApps神社」の無料キャンペーンを行っています。
こちらもメタマスクをイーサリアムネットで接続することで、サービスを利用することができます。

無料キャンペーンは行っていますが、注意点としてトランザクション発行(購入手続き)の手数料(GAS代)は別途かかりるため、少額のETHが必要になります。
※7/30のレートでは約1000円程の手数料でした。

実際に占うと上記のような画面で内容が記載されています。
30日間毎日内容が変わりますので、無料期間中に占いをしてみるのも面白いかもしれません。

また、交換できるNFTはイーサリアム規格ERC721を使用したNFTで、dApps神社オリジナルNFTや他DAppsゲームのキャラクターやアイテムNFTなどから気に入ったものをひとつ選ぶことが出来ます。

トア
トア

そっか!ブロックチェーンを取り入れることでNFTも流通することができるんだね!

GG
GG

そうじゃよ!ブロックチェーンを活用したメリットの中でも大きな利点ともいえるのう!

トア
トア

スマートコントラクトとかブロックチェーン自体の汎用性の高さが凄くよくわかるね!

GG
GG

今後ももっと発展が期待される分野じゃな!さて、トアよ。ここまででDAppsについては理解できたかの?

トア
トア

うん!とってもわかりやすかったよ!ありがとう!

GG
GG

そりゃよかったわい!この辺で今日のまとめにいくぞい!

【後編】話題の分散型アプリケーション!DAppsとは?まとめ

DAppsとは
・DAppsゲームの特徴は【ゲーム上で育てたキャラクターを販売できる】【データの改ざんを防げる】【データの信頼性の高さ】の3点が挙げられる
・ブロックチェーンの透明性やセキュリティの高さを取り入れられていると言える
・DAppsゲームではNFTとの親和性も注目されている
・今後更に発展が期待されている分野と言える


いかがでしたでしょうか?
前編ではDAppsの基本的な部分の解説をしましたが後編となる本記事ではDAppsを活用したゲームに焦点を当てて解説しました♪
DAppsゲームで遊んだことはあるけど意外とその仕組みを知らなかったという方もおおかったのではないでしょうか?
本記事をきっかけに改めてDAppsを深くご理解いただければ幸いです♪

タイトルとURLをコピーしました