起死回生なるか?!第三の暗号資産スカイコイン(Skycoin/SKY)解説

トア
トア

ねぇ~GG~

GG
GG

…何が聞きたくて呼んでおるんじゃ?

トア
トア

察しがよくて助かりますw

GG
GG

いつもの事じゃからのう…

トア
トア

スカイコインって空と関係あるの?

GG
GG

…ん?どういうことじゃ?

トア
トア

だー!かー!らー!スカイコインって空に関係ある暗号資産なの?!?!

GG
GG

あ、アルトコインの話じゃったのかwいきなり言われても分からんぞ…

トア
トア

GGなら、スカイコインのことについて知ってるだろうなって思って!

GG
GG

もちろん知っておるぞい!じゃあ、今日はスカイコインについて詳しく話していこうかのう

今回紹介するSkycoin/SKYには、日本語の公式Twitterアカウントがあるものの、2019年1月から更新がされていません。
価格においても2017年12月頃にピークを迎え、その後は右肩下がり。
2018年12月からは大きな値上げを見せることなく、お世辞にも有名なアルトコインとは言えないのが現状です。
しかし、2021年の2月頃から再び動きを見せだしたSkycoin/SKYに期待を込めて紹介したいと思います。
※日本語のTwitterアカウントは更新されていませんが、公式はまだ動いていますよ!

スカイコイン(Skycoin/SKY)とは?

スカイコインとは、インターネットのプロバイダの役割を果たす画期的な暗号資産です。
2013年12月23日に公開された非常に古い暗号資産でもあり、スカイコインの開発には、ビットコインやイーサリアムの開発者たちが携わっているのです。

ビットコインやイーサリアムに次ぐ第三の暗号資産を自称しており、非常に特徴的な暗号資産となっています。
ビットコイン、イーサリアムについてはこちらをご覧ください♪

中でも当時注目されていた特徴は、ビットコインが抱えていた問題を解決するために、マイニングが存在しない独自のコンセンサスアルゴリズム「オベリスク(Obelisk)」を採用していることです。
スカイコインの特徴をもう少し詳しく見てみましょう。

【スカイコインの特徴】

冒頭でもお伝えしたように、スカイコインは非常に特徴的な暗号資産です。
ここでは特徴についてそれぞれ詳しく解説していきたいと思います。

①第三の暗号資産
スカイコインは、ビットコインやイーサリアムがそれぞれ抱えていたPoWやPoSの問題点を解決することができる機能を持っています。

スカイコインはPoWとPoSのそれぞれの問題点を考慮し、マイニングを行わないコンセンサスアルゴリズムを導入しています。
ビットコインやイーサリアムが抱えていた問題を解決することで、第三の暗号資産だと言われるようになった経緯があるのです。
PoWとPoS等のコンセンサスアルゴリズムについてはこちらをチェックしてみてください♪

②独自のコンセンサスアルゴリズム”オベリスク(Obelisk)”を採用
スカイコインではマイニングを行わない「オベリスク(Obelisk)」という承認方式を採用しています。
オベリスクでは、ノードを利用して承認を行っているため、集中化によって生まれていた混乱や、管理された取引によって発生していた中央集権化の状態を排除されています。
各ノードは、悪意のあるノードを遮断、PoWで可能となってしまった51%攻撃を不可能にしたシステムとなっており、ネットワーク上の影響力の配分も最適化が可能です。
端的に説明するのであれば、「手数料の高騰や送金の遅れなども防ぐことが可能になる」と期待されていたのです。

③スカイワイヤー(Skywire)システムの導入
スカイコインでは、スカイワイヤー(Skywire)というシステムがインターネットを利用する際に使われていることも大きな特徴となっています。
スカイワイヤーは、プロバイダーという概念が存在しません。
そのため、プロバイダーを通すことがなくなり、業者に個人情報を知られる心配もないので、プライバシー保護の面でもとても優れていると評判でした。

④取引時にコインをシャッフル
スカイコインでは、取引の際に複数のユーザーのコインを集めて、ランダムに混ぜる事によって誰が誰と取引を行っていたかの追跡が行えない仕様になっています。
これにより、匿名性が高く安全に取引を行うことが可能です。
しかし、匿名性が高すぎるあまり、マネーロンダリングなどに利用されてしまう可能性があると指摘されていました。

⑤高速トランザクション
スカイコインは、高速でトランザクションが発行されるため、処理能力に優れています。
他の決済方法と比べると、スカイコインはわずか2秒という速さでトランザクションを完了させることが可能です。

⑥スカイマイナー(Skyminer)の使用
スカイマイナーとは、スカイワイヤーのネットワーク構築に貢献するための独自のハードウェアを指します。
このスカイマイナーという精密機器がマイニングの役割を担うことで、ユーザーがマイニングを行わないシステムの実現しているのです。

GG
GG

どうじゃ?まずはスカイコインがどんなものか話したんじゃが大体分かったかのう?

トア
トア

特徴は分かったけど、なんだか所々過去形なのが寂しい…

GG
GG

歴史が長い暗号資産じゃし、今は昔、新しい機能を搭載した暗号資産は続々と誕生しておるからのう

トア
トア

…そうなんだけどさ~

GG
GG

しかし、歴史のある暗号資産にも関わらず、特殊なコンセンサスアルゴリズム等は古くない、変わらず素晴らしい技術じゃよ!

トア
トア

だよね!今後もまた息を吹き返す可能性だってあるんだから、メリットとデメリットも教えてよ!

GG
GG

よかろう!スカイコインのメリットデメリットはじゃな…

スカイコイン(Skycoin/SKY)のメリット・デメリット

ここではスカイコインのメリットとデメリットをそれぞれお話していきたいと思います。

【スカイコインのメリット】

スカイコインのメリットとなる点は、特徴ともなっている、オベリスクという承認方式採用することで、マイニングを行わないという点です。
マイニングがないということは、対象となる暗号資産の掘り出しが行えないので、その分だけの価格が高くなるということになります。
これによより、ビットコインなどが抱えていたデメリットも解消させることが出来るというのは、スカイコインの強みだと言えるでしょう。

【スカイコインのデメリット】

スカイコインのデメリットとなってしまう点は、特徴をご紹介する際にお話ししたスカイワイヤーというシステムによって生まれる匿名性の高さだと言われています。
匿名性が高いことで、プライバシーを保護できるといった点では大きなメリットとなるのですが、その一方で犯罪組織などに悪用されてしまうという可能性も生まれてきてしまいます。
日本ではこれまでに、Zcash(ゼットキャッシュ)、Monero(モネロ)、Dash(ダッシュ)、Augur(オーガー)の取り扱いをやめることも発表されているのですが、これも匿名性の高さが指摘されたからです。
このように、規制が入ることも考えられるという点はデメリットとなってしまうかもしれません。

トア
トア

なるほど…確かに匿名性が高いことはプライバシーを守れるけど、悪いことを考える人にとっては助かるって思う点でもあるのか…

GG
GG

そうなんじゃよ…犯罪が起きないことが1番何じゃが、これは凄く難しい点じゃな

トア
トア

スカイコインは国内の取引所では扱ってないってことだよね?

GG
GG

うむ、じゃからスカイコインを手に入れたいときは海外の取引所からじゃな!

トア
トア

なるほど…

GG
GG

でも、最初に話したように沢山の特徴も持っておるし、2021年2月からチャートは動きを見せておる、今後フェニックスのように返り咲くか否か見物じゃな!

トア
トア

そうだよね!たまに価格もチェックしてみよ!ありがとう、GG♪

GG
GG

うむ、最後にしっかりまとめにも目を通して復習しておくんじゃよ!

起死回生なるか?!第三の暗号資産スカイコイン(Skycoin/SKY)解説、まとめ

スカイコインとは、
・インターネットのプロバイダの役割を果たす画期的な暗号資産
・2013年12月23日に公開された非常に古い暗号資産
・開発にはビットコインやイーサリアムの開発者たちが携わっている
・ビットコインやイーサリアムに次ぐ第三の暗号資産を自称している


スカイコインの特徴は、
・独自のコンセンサスアルゴリズム”オベリスク(Obelisk)”
・スカイワイヤー(Skywire)システムの導入
・取引時にコインをシャッフルして匿名性が高くなっている
・高速トランザクション
・スカイマイナー(Skyminer)の使用


スカイコインのメリットは、
・オベリスクという承認方式採用することで、マイニングを行わないという点

スカイコインのデメリットは、
・スカイワイヤーというシステムによって生まれる匿名性の高さ

いかがでしたでしょうか?
今回は、ビットコインやイーサリアムに次ぐ第三の暗号資産を自称している、とても特徴的なアルトコインである「スカイコイン(Skycoin/SKY)」について詳しくお話してみました。
“仮想通貨黎明期”に誕生したスカイコインは、比較的長い歴史を持つ暗号資産ではあるものの、搭載されたシステムやその特徴は到底過去の物とは言えないような素晴らしい点が多く存在します。
今後も動向を伺いたい暗号資産の一つです♪

タイトルとURLをコピーしました