バイナンス独自のトークン?BNBについて解説

トア
トア

GG!

GG
GG

どうしたんじゃ?トアよ

トア
トア

私いつもGGに暗号資産の事を教えてもらってるよね?

GG
GG

そうじゃな

トア
トア

今日は私がGGに暗号資産のことを教えてあげる!

GG
GG

どういう風の吹き回しじゃ…?

トア
トア

教えてもらってばっかりじゃ悪いなってw

GG
GG

ほほう、いい心がけじゃな。ではBNBについて解説してもらおうかのう

トア
トア

任せて!

皆さんも暗号資産に慣れてきたタイミングでバイナンスという取引所の名をよく耳にしてきたかと思います。
BNB(バイナンスコイン)はそんなバイナンスの独自トークンですが、その特徴や現在の市場に置ける動向などをきちんと理解できていますでしょうか?
今回は、皆さんの暗号資産ライフの手助けになるようにこのBNBについて詳しく解説していきたいと思います♪

BNBの特徴

まず初めにお伝えする点として、BNBはバイナンスの独自トークンであるということです。
このBNBの特徴として挙げられるのは、

・バイナンスで利用するメリット
・バーン(焼却)の実施
・少額残高の両替(コンバート)機能

この3点があります。

では1つずつ解説していきましょう♪

【バイナンスで使うとメリットがある?】

皆さんも暗号資産に触れているとどの取引所であっても少なからず手数料を支払っていると思います。
暗号資産を取引するうえで手数料というものは逃れられないものです。
バイナンスも例外ではありません。
ですが、バイナンスは比較的手数料が割安であることで知られています。

そんなバイナンスではBNBを使って手数料を支払うことによって、更に割引される事はご存じでしょうか?

以下の通りバイナンス上での取引手数料にBNBを使用することによって割引を受けられます。

1年目: 50%割引

2年目: 25%割引

3年目: 12.5%割引

4年目: 6.75%割引

どの取引所を利用するか考える時に手数料は大きな判断要因になりますが、その手数料の負担が軽いというのは多くの人にとってのメリットだと言えます。

【バーン(焼却の実施)】

バイナンスでは、四半期ごとに一定量のBNBを買い戻してバーン(焼却)しています。
バーンとは以前掲載している記事でも簡単に説明していますが、市場に流通している通貨の価値を安定させるために、一部の通貨を永遠に使用できないようにロックしてしまうシステムです。
ロックする事により市場で流通する通貨が制限され、通貨そのものの価値を底上げする効果があります。
※これは株式が最初に行った、自社株をロックすることで価値を安定するために行われた施策の一つです
バーンすることによってBNBの市場での流通量が減少し、希少性が高め価値が上昇する可能性を持たせるシステムになっています。

BNBの総発行量は2億BNBとなっていますが、バイナンスのホワイトペーパーでは定期的な買戻しとバーンを実施し、最終的に1億BNBまで半減されるように作られているようですね。

BNBはこれまでに15回のバーンで、計15.3%の供給量を減らしたとされています。
また2021年4月16日のバイナンスの発表では、直近で行われた15回目のバーンで1,099,888 BNB(約650億円)分BNBがバーンされたようです。
今後もバーンを繰り返していくことで市場に流通する数量が減り価値の向上が見込まれているといわれています。

【BNBのコンバート機能とは?】

電子マネーと同様に、暗号資産の取引をしているとどうしても端数が余ってしまう事があるかと思います。
暗号資産取引所のバイナンスではそんな端数をBNBに変えてくれるコンバート機能が搭載されいます。
このコンバート機能は非常に簡単なのでここで解説していきたいと思います。

まず始めにバイナンスのウォレットページに進み

少額残高をBNBにコンバート】をクリックします。

次のページでコンバートしたい通貨が選択できるので、希望の通貨にチェックを入れ②の【コンバート】をクリックします。

出てきたボックス内の承認ボタンをクリックするとコンバートが完了します。

たった3STEPでこれまで動かせなかった少額の残高をBNBに両替ができるので非常に便利ですね♪

GG
GG

なるほどのう、便利なもんじゃのう

トア
トア

そうでしょ!一つ一つはちっさな額かも知れないけど塵も積もれば山となるんだよ!

GG
GG

ちなみにトアよ

トア
トア

ん?

GG
GG

今のBNBっていくらくらいなんじゃ?

トア
トア

任せて!価格の推移も解説していくよ!

BNBの価格推移

ここまでの解説でBNBの利便性、将来性などはお判りいただけたかと思います。
では今現在のBNBの価値とは一体どれほどのものなのでしょうか?
チャートを踏まえ解説していきたいと思います。

2021年5月現在coin market cap上では
・市場ランキング3位
・日本円価格 1BNB=73,782.55円
・時価総額 11,316,670,527,813.53円

このように記載されています。

ビットコイン、イーサリアムと比較すると少し劣っているようにも見えますが、
今年の2月ごろから急騰しているところを踏まえるとすさまじい勢いであることがわかります。

その背景にはBSC(バイナンス・スマート・チェーン)の普及、
それに加えDeFiの流行など、バイナンスが提供するシステムの有用性が暗号資産界隈で認められて来た事があるでしょう。

これまでDeFiで主流だったのはイーサリアムのスマートコントラクト機能を活用したシステムでしたが、ガス代の高さなどが懸念として挙げられて来ました。

ですがBNB(BSC)の場合、前述にも挙げた通り手数料の安さからユーザーの評価を受けてきました。

また一部の専門家の意見ではBNBの価格は1000ドルに迫る爆発的な加速があるとまで言われています。

大手取引所であるバイナンスが提供する、市場ランキング3位の暗号資産と言えばBNBの勢いがわかりますね♪

GG
GG

ほほう、そんなに勢いのある通貨だったんじゃな

トア
トア

そうなんだよ!

GG
GG

ちなみにトアよ、BNBとWBNBの違いとはなんなんじゃ?なんか種類も色々あるみたいじゃが?

トア
トア

・・・?

GG
GG

わかっていなかったか…かわりにわしが説明するぞい!w

BNBとWBNB

皆さんもバイナンスやDeFiなどを触っていると、WBNBという通貨を見かけたことはありませんでしたか?

会話のようにその違いがいまいちわからない!という方もいらっしゃると思うので、
ここではBNBとWBNBの違いについて解説していきます。

WBNBとは、wrapped BNBの略称であり、直訳すると包まれた(包括された)バイナンスコインという意味になります。
直訳してしまうとなおのこと意味がわかりずらくなってしまいますが、
これはBSC上の規格であるBEP-20という規格に対応させたBNBの事を指します。

1単価あたりの価格はBNBと大きく変わりませんが、このWBNBが使われる事が多いのがDeFi界隈です。

実はBNBのトークン規格はERC20(イーサリアムブロックチェーン)が起用されていました。
その後生まれたのがBSC上の規格であるBEP-20です。
ここ最近のDEXなどでつかわれ始めているBSC上で機能するBEP-20ですが、ここで解説しているWBNBのトークン規格はBEP-20が起用されています。

その為DeFi界隈でBSCが起用されることが多くなるに連れて、WBNBへの注目も高まったということなのです。

ただし、BNBと言ってもその種類は多岐にわたります。
通常のBNBとDEXで用いられているSmart Chain BNBからそのかにも数種類のBNBが存在するため、自身の必要に応じて対応したネットワークのBNBを準備する必要があります。

トア
トア

なるほどね!規格の違いってことでいいのかな?

GG
GG

まあざっくりいうとそういうことじゃな。

トア
トア

正直よく名前は見かけていたんだけど、種類とか違いがあるってわかってなかったやw

GG
GG

まあわかりづらいものじゃからのう…

トア
トア

手数料も結構変わってくるし、みんなからしたらそっちのほうが使い勝手がいいんだろうね!

GG
GG

そういうことじゃな、それに加えバイナンスが提供していることもあるから信頼もされているんじゃろう。ということでここまでのまとめをしていくぞい!

BNBのまとめ

BNBとは
・バイナンスの提供する独自のトークン
・バイナンスでの利用をする際は利用年次に応じて手数料の割引が受けられる
・定期的なバーン(焼却)により将来的に総発行量の半分になる為、希少価値が見込める
・バイナンス上では他の銘柄の少額残高をBNBにコンバートすることができる
・BNBは2021年3月頃から急騰を見せており、現在では市場ランキング3位、時価総額11兆円相当にまで登っている
・BNBとWBNBの主な違いとして規格が挙げられる
 BNBはイーサリアムの規格であるERC20
 WBNBはBSC上の規格であるBEP-20として分けられる
・今後の展望として、BSCの普及や注目性、定期的なバーンによる価値の上昇が期待されている通貨である。


いかがでしたでしょうか。
バイナンスから発行されているBNBは幅広い分野に対応しているだけではなく、市場ランキング3位から今後の価値の上昇まで見込まれている、期待値の高い通貨であることがお判り頂けたかと思います。
またDEX等でも高い需要のある通貨なので、皆さんがDeFiにも参入する際はBNBやWBNBも活用して頂けると幸いです。

タイトルとURLをコピーしました