FXのインジケーターとは?詳しく解説!

トア
トア

い、ん、じ、け、た…いん、じけーたー…いんじ、けーた…?

GG
GG

トア…さっきからボソボソとなにを言っておるんじゃ?!

トア
トア

なんかこの前、こんな風な言葉を耳にしたんだけど、何だったっけ?って思って…

GG
GG

…もしかして…インジケーターのことかのう?

トア
トア

そう!それ!インジケーター!!

GG
GG

(まさかインジケーターのことだったとは…)

トア
トア

それってなに?!

GG
GG

うむ!インジケーターはテクニカル分析において必要不可欠なものじゃな!

トア
トア

どういうこと?!もっと詳しく教えて!

GG
GG

そうじゃな!じゃあ、今日はインジケーターについて詳しく話していこうかのう!

FX取引をしているとインジケーターという言葉を聞くことがあるかと思います。
しかし、インジケーターとは何か?インジケーターにはどんな種類があるのか?と疑問を抱いてる方も多くいらっしゃると思います。
そこで今回の記事では、FXのインジケーターとは何かを詳しく解説していきたいと思います。

インジケーターとは

インジケーターは「テクニカル指標」とも呼ばれ、テクニカル分析に必要不可欠なものだと言えます。
FXで使われるインジケーターとは、為替レートのデータを様々な計算で加工して、買い時・売り時の判定に使用するものです。
初心者の方はチャートやローソク足だけを見て、これから相場がどう動くのか予想するのは難しいことだと思います。
そこで活用したいのが、このインジケーターです。
インジケーターの活用は、そのチャートが示す意味を分かりやすくするという効果があります。
多くの指標を組み合わせて分析することで、チャートをより正確に把握することができるのです。
無数に存在するインジケーターですが、大きく分けると「トレンド系」と「オシレーター系」の2種類に分けることができます。
インジケーターは、種類ごとに得意な相場があるので、それぞれの特徴の把握をすることはとても重要です。
そこで、それぞれについてもう少し詳しく見ていきましょう。

【トレンド系インジケーター】

相場の大きな流れを確認して、今後のトレンドの方向性を予想する際に活用されるインジケーターです。
全体的な相場の方向性を探るために使われるため、相場の流れに乗った取引を行いたい時に活用すれば、取引効率を上げることができるでしょう。
「今発生しているトレンドに乗るべきなのか」「今のトレンドはいつまで続きそうか」などを教えてくれます。
トレンド系インジケーターは、チャート上に直接表示されるものが多くなります。
視覚的に分析がしやすいという特徴がありますが、複数のインジケーターを同時に表示するとチャートが見づらくなるという欠点もあるので、自身の分析しやすい指標のみを表示するとより効果的です。

【オシレーター系インジケーター】

現在の相場の「買われすぎ」「売られすぎ」を判断するインジケーターです。
「買われ過ぎ、売られ過ぎ」だから「そろそろ流れが終了して転換するサイン」と受け取って逆張りでトレードするテクニカル指標として使用している方が多いのが特徴です。
オシレーター系のインジケーターは、チャートの下部に設置されることが多く、チャートの動きと比較して未来の相場を予想します。

トア
トア

インジケーターってチャート上やチャートの下部に表示するサポートツールってこと?

GG
GG

簡単にいうとそういうことじゃ!

トア
トア

無数に存在するインジケーターって言ってたけど、どんなのがあるの?

GG
GG

そうじゃな…すごいたくさんあるからのう…

トア
トア

じゃあ、GGがおすすめするやつをいくつか教えてよ!

GG
GG

そうじゃな!じゃあ、まずはトレンド系インジケーターのおすすめから話そうかのう!

トレンド系のおすすめインジケーター

トレンド系のインジケーターでおすすめなのは、下記の3つです。

【一目均衡表】

トレンドの状態を視覚的に判断するのが、一目均衡表(いちもくきんこうひょう)です。
一目山人(いちもくさんじん)という投資家が戦前に開発したと言われている非常に歴史のあるインジケーターです。
テクニカル傾向が強く、順張りでも逆張りでも利用できるため海外投資家の間でも非常に人気がある、日本が産んだ世界的なインジケーターと言われています。
一目均衡表は「転換線」、「基準線」、「雲(先行スパン1と先行スパン2の間)」、「遅行線」で構成されており、トレンドの方向や強弱を知ることが可能です。
利用するポイントは、ローソク足が基準線を上抜け基準線も上向きになれば上昇トレンド、反対の場合は下降トレンドと判断することができます。
また、ローソク足が雲の上にあるか下にあるかでもトレンドの方向性を把握することができます。
ただし、ローソク足が雲の中にある場合は、極めて弱いトレンドやレンジ相場の可能性が考えられるため、トレードを見合わせる判断材料としても利用できます。
一目均衡表を利用するだけでトレンドの方向性はもちろん、ある程度のトレンドの強弱も判断することができる優れたインジケーターです。

【移動平均線】

移動平均線は最も有名なトレンド系のインジケーターであり、過去一定期間の終値の平均値を結んだラインです。
統計の分野で古くから使われていた指標で、それが相場分析にも使えることがわかってからは、様々な投資商品の分析に使われています。
移動平均線をチャートに表示することで、移動平均線の向きからトレンドが把握でき、移動平均線の角度からトレンドの勢いが判断できます。
また、移動平均線には、期間が短い短期線と期間が少し長い中期線の2つを使った「ゴールデンクロス」と「デッドクロス」と呼ばれる手法があります。
最もポピュラーな移動平均線は、長期移動平均線と短期移動平均線を組み合わせたもので、買いサインとして有名なゴールデンクロスも、移動平均線に表れるサインです。

短期線が中期線を下から上に抜けていくと「ゴールデンクロス」と呼ばれ、買いのサインとなります。
逆に、短期線が中期線を上から下に抜けていくと「デッドクロス」と呼ばれ、売りのサインになります。
非常にシンプルですが、多くの投資家がチャンスと捉えるエントリーポイントになります。

【ボリンジャーバンド】

こちらのボリンジャーバンドも、テクニカル分析中心のトレーダーに、お馴染みの指標で、上で紹介した移動平均線に組み込んで使うものです。
移動平均線の上下に3つの領域を持つバンドを表示して、移動平均線が近い方から、1σ、2σ、3σと呼ばれています。
上手く利用することで、売るタイミング、買うタイミングを確認することができ、+3σに近づくほど買われ過ぎ、-3σに近づくほど売られ過ぎと読み取ることができます。
それぞれ下記の確率でレートがバンド内に収まるという意味を持ちます。
・1σ=68.26%
・2σ=95.44%
・3σ=99.74%
しかし、だからと言ってレートがバンドの外に抜けたから逆張りでエントリーするのは誤った使い方と言えます。
ボリンジャーバンドの正しいトレード手法は、上下のバンドの幅が狭くなった状態「スクイーズ」から、一気にバンドが広がる「エクスパンション」を狙った手法です。

スクイーズの状態は、次にトレンドが発生する準備段階なので、エクスパンションが発生した直後にエントリーすることによりトレンドで利益を得ることが出来ます。

GG
GG

どうじゃ?まずはトレンド系のおすすめインジケーターについて話したんじゃが、分かったかのう?

トア
トア

うん!それぞれがどんな役割をしてて、どんな時に使った方がいいかわかったよ!

GG
GG

うむ!それならよかった!

トア
トア

オシレーター系のおすすめインジケーターもいくつか教えて!

GG
GG

そうじゃな!では、わしのおすすめを教えていくぞい!

オシレーター系のおすすめインジケーター

オシレーター系のインジケーターでおすすめなのは、下記の3つです。

【MACD】

MACD(マックディー)は、ジェラルド・アペルによって1979年に発表され世界中の投資家に利用されているインジケーターです。
「Moving Average Convergence/Divergence Trading Method」の略で日本語にすると「移動平均・収束拡散トレード法」を意味します。
MACDは、2つの期間の移動平均線の差分をとった「MACDライン」と、MACDラインの移動平均線である「シグナルライン」から構成されるインジケーターです。
使い方としては、MACDがゼロになるポイント(MACDとゼロラインとのクロス)や、MACDとシグナル線とのクロス、MACDの傾きに注目してトレードするという手法があります。
MACDは通貨ペアに関係なくトレンドの方向性と、トレンドの強弱を知ることができるインジケーターですが、単体で利用すると騙しも多くなりますので、ボリンジャーバンドなど、ほかのトレンド系インジケーターと併用することをおすすめします。

【RSI】

RSI(Relative strength index)は、買い圧力と売り圧力の強さを計るための指標です。
オシレーター系の代表格とも言えます。
具体的には、相場の上昇と下落の終わりを計ることができ、上RSIが30%以下で反転したら買いのサイン、70%以上で反転したら売りのサインになります。
主に逆張りを主体とするトレーダーに好まれるインジケーターになっています。
しかし、あくまでも一定のレンジ内で有効なインジケーターなので、強いトレンドが発生すると上下のどちらかに張り付いた状態になってしまい、ここで逆張りするとトレンドに逆行して大きな損失を生む可能性があります。
よって、RSIを使用する際は、必ずトレンドの状態を確認できるトレンド系のインジケーターと使用するのがおすすめです。

【ストキャスティクス】

ストキャスティクスもRSIと同様に、買い圧力と売り圧力を数値に表したものです。

%Kと%Dという2本の線が表示されており、それぞれ相場に対し%Kが早く表示され、%Dは表示が遅いものの重要となる数値です。
%Kと%Dがクロスするタイミングが重要であり、%Kが上にクロスした場合は買い、%Dが上にクロスした場合は売りシグナルとして見ることが出来ます。

GG
GG

どうじゃ?オシレーター系のおすすめインジケーターについても話したが、理解できたかのう?

トア
トア

うん!GGのおすすめについてはどんなものなのか、ちゃんと分かったよ!

GG
GG

あ!そうじゃ!インジケーターは組み合わせて使えるって話したじゃろ?

トア
トア

言ってたね!

GG
GG

ついでに、わしのおすすめの組み合わせも2つ教えておこうかと思ってな!

トア
トア

なになに?!

GG
GG

まずは、トレンド系の移動平均線とオシレーター系のRSIの組み合わせじゃ!

トア
トア

もう1つは?

GG
GG

うむ!もう1つは、トレンド系のボリンジャーバンドとオシレーター系のMACDの組み合わせじゃ!

トア
トア

なるほど…さっそく使ってくる!今日はありがとう!GG!

GG
GG

待つんじゃ!注意点とかもあるから、最後までちゃんと聞いてからにせい!

トア
トア

そ、そうか…教えてください…

GG
GG

うむ!最後にインジケーターはどのように使うか、注意点と一緒に話していくぞい!

インジケーターの使い方と注意点

インジケーターは便利ではあるのですが、万能ではありません。
「トレンド系」と「オシレーター系」ともそれぞれに注意点があります。

トレンド系のインジケーターはトレンドを追随するような形でサインを出します。
わかりやすく言うと少し反応が遅いという特徴があり、サインを出すタイミングが遅い場合もあり、小さなトレンドの時はその傾向が顕著に表れサイン通りにトレードしていると負けが続いたりという事がおこります。
オシレーター系のインジケーターは、反応が早いのが特徴で、そのため頻繁にサインがでます。
しっかりと相場状況を見極めてないでサイン通りにすべてエントリーしても上手くはいきません。
また、強いトレンドが発生するとオシレーター系のインジケーターは天井や底に張り付いて機能しなくなります。

そこで、使いたいのが、「トレンド系」と「オシレーター系」のインジケーターを組み合わせて使うという方法です。
インジケーターは、複数選んでも構いません。
なぜなら、1つに絞らなければならないというルールはないからです。
上記でお伝えした組み合わせのように、トレンドとそれ以外の相場のどちらにも対応可能なように、トレンド系とオシレーター系からそれぞれ1つずつ選ぶのも良いことです。

しかし、インジケーターの種類を頻繁に変えたり、たくさん表示させすぎるのはオススメしません。
なぜなら、インジケーターを中途半端に覚えると、取引の軸がずれるだけでなく、どれを見たらよいのかわからなくなるからです。

そのため、まずは3つほどのインジケーターをしっかり深くまで学び、使いこなせるようになることが重要です。
また、表示させるインジケーターの数も、2つくらいに抑えることで、チャートもスッキリして見やすくなります。

トア
トア

なるほど…便利だからってむやみやたらに使っちゃうと逆効果になるってことだね!

GG
GG

うむ!1つじゃなく、2つ使うことで得ることも多くはなるんじゃが、あまりにも多く使いすぎると、情報量が多すぎて判断できなくなってしまったり、見にくくなったりしてしまうからのう!

トア
トア

使う前にちゃんと聞いててよかった…

GG
GG

わしの話は最後まで聞くことも大切ということじゃな!

トア
トア

GG
GG

で、では、最後に今日のまとめを読んでしっかり今日の復習をしておくんじゃよ!

FXのインジケーターについてのまとめ

インジケーターは
・チャートに表示するサポートツールとなるもの
・大きく分けると「トレンド系」と「オシレーター系」の2種類に分けられる
・種類は無数にある
・自分の好みで組み合わせて使うことがおすすめ
・しかし、複数表示させすぎると逆効果になってしまうので注意が必要


トレードするときにほとんどのトレーダーが使っているのが、今回ご紹介したインジケーターです。
今回は、初心者の方におすすめのものを、それぞれ3つずつご紹介しました。
ローソク足だけではよくわからない相場、勝ちパターンやエントリータイミング、相場分析などが視覚的に分かりやすくなるので、皆さんも自分の好みのものを組み合わせて、ぜひ活用してみてはいかかでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました