暗号資産の基礎知識!マイニングって何?

トア
トア

ねえねえGG!

GG
GG

どうしたんじゃ?

トア
トア

よくマイニングって言葉を聞くんだけど実際どういうものなの?

GG
GG

そうじゃのう、まあやるかどうかは置いといて知識としては知っとくべきじゃな

トア
トア

詳しく教えてよ!

GG
GG

仕方がないのう…

暗号資産を扱っているとマイニングという言葉は必ず耳にすることがあると思います。
ですが、意外と表面的にざっくりとしか知らないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
本記事ではそんなマイニングの解説を行っていきたいと思います。

マイニングとは?

マイニングは多くの暗号資産の取引で行われていますが、ここでは最もポピュラーな暗号資産であるビットコインを例に解説します。
まず、ビットコインのマイニングを簡単に説明してみましょう。
ビットコインでのマイニングというのは取引データの承認作業のことを指します。
この作業では新しく発行されたビットコインが報酬として支払われます。

鉱山でわずかな金を求め採掘することと似ている所からマイニングという呼ばれ方をしています。

【ビットコインでのマイニング】

ビットコインでは約10分の間に行われたすべての取引データをまとめて1つのブロックと呼ばれる集合体に格納します。
それをひとつ前の生成されたブロックと繋ぎ合わせていき、これまで行われたすべての取引履歴を繋げたブロックチェーン上で管理されます。
取引が過去のものから現在まで正しいものであることを検証・承認されると、
検証を行った者(マイナー)に対して新規にビットコインが発行されます。
このビットコインはブロックの検証作業を一番早く行ったマイナー1人に報酬として取引手数料とともに支払われます。

ブロックチェーンについては以前記事にまとめているので、是非チェックしてください♪

【マイニングの仕組み】

マイニングでもっとも重要と言えるのが、新しいブロックを生成する為の数値を、コンピュータの計算を使っていち早く探し出すことです。
そして「いつ」「誰が」「いくら」などの取引データを、改ざんできないよう暗号化してブロックに格納していきます。

またマイニングでは、ハッシュ関数という一方向関数を使います。
ハッシュ関数にあるデータを入力すると、値や長さの異なる「ハッシュ値」が生成されます。このハッシュ値はとても複雑で、入力となるデータが1文字でも異なると全く違う値を示し、さらに、一度ハッシュ化されたデータは元に戻せないという性質があります。
マイニングではブロックのハッシュ値を求めるために「ナンス」の計算を行なっています。この計算を最初に行えたマイナーがブロックを生成できマイニング報酬を得ることができるのです。

【マイニング競争】

マイニングの報酬は新しいブロックを生成したマイナーしか受け取れません。
その為、マイニングの報酬を得るためには、世界中のマイナーとの計算の競争に勝ち、マイニング作業を誰よりも早く終える必要があります。

しかし、ブロックの生成には膨大な量の計算が必要となり、その労力や時間、コストは並大抵のものではありません。
そこで、マイナー達は、高性能なハードウェアを大量に使用し、マイニングを行っています。
また、ハードウェアを大量に稼働させるための電力や、ハードウェアを冷却するための設備、非常用のバックアップ電源など、充実した設備を準備してマイニングに参加しています。
中には電力コストの抑えられる中国や、気温が低い北欧の国で大規模にマイニング事業を運営する組織もあり、その規模の大きさからマイニング工場などと表現されるほどです。

【個人か組織か?】

自分でマイニングする方法には、「ソロマイニング」と「プールマイニング」があります。それぞれの特長を簡単に紹介していきます。

・ソロマイニングとは
その名の通り自分のパソコンを使い、1人でマイニングすることをソロマイニングと呼びます。
ソロマイニングではマイニングに成功すると、そこで得られる報酬をすべて自分のものにできます。成功回数が増えれば、それだけ報酬が増えることになりますね。
その一方で、マイニングが全く成功しなければ報酬は得られず、マイニングに使う電気代や設備代等のコストだけがかかってしまうことになりますね。
いわば個人事業主のようなものです。

・プールマイニングとは
マイニングを行う集団をマイニングプールといいます。
複数のマイニング参加者が協力してマイニングするシステムです。
プールに参加して、マイニングを行うのがプールマイニングです。
自身のハードウェアの計算能力をインターネット経由で提供し、提供した量に応じて報酬を受け取ることができます。
マイニングに成功した場合プールの管理者が報酬を受け取った後、参加したマイナーに対し仕事量に応じた報酬が分配される形になります。
そのため、ソロマイニングに比べるとマイニングの成功率が高まるので、安定した報酬を得やすくなります。
しかし、ここで一点注意が必要になるのが、
プール管理者等への手数料が必要になったり、仕事量に応じて報酬が分配されたりするため、ソロマイニングのに比べ大きな報酬を得る機会が減るという点もあります。

トア
トア

マイニングをすると自分で通貨を買わなくてももらえるってこと?

GG
GG

そういうことじゃな。暗号資産というのは管理者がいないものじゃからのう、みんなで運用しているイメージの方がより近いのじゃ

トア
トア

お給料みたいなものなんだね!

GG
GG

そうじゃ!ただ報酬としてもらえるわけじゃが、半減期についても知っておく必要があるんじゃぞ

トア
トア

半減期?

半減期とは?

ビットコインは、法定通貨のように通貨を管理する中央銀行が存在せず、コンピュータのネットワークを利用して管理する仕組みになっています。(非中央集権)そのため、ビットコインにおけるマイニング報酬は特定の機関からという形ではなく、元々プログラミングされていたシステムにより、マイニングに成功したマイナーに支払われています。
そのシステムはビットコイン誕生当初から続いており、ビットコインはマイニングがあって流通量を増やしてきたと言われています。

ビットコインの場合、総発行量の上限は2,100万BTCになっており、2018年5月の時点で約1,700万BTCがマイニングされているといわれています。
そこから計算し、残りの約400万BTCが今後のマイニングの報酬として支払われる予定になっており、総発行量の上限に達するのは2140年頃になる見込みとのことです。

上記に併せて2140年に上限に達すると言われているところも解説していきたいと思います。

ビットコインのシステム上マイニング報酬が決まっている為、約4年ごとにマイニング報酬が半分になる半減期があります。

最初の半減期は2012年11月、1ブロックあたり50BTCから25BTCとなり、2度目の2016年7月にはさらに12.5BTCになりました。
そして今回2020年の半減期により、マイニング報酬は1ブロックあたり12.5BTCから6.25BTCとなったのです。

ビットコインの場合は、平均して約10分ごとにその間の送金取引がチェック・承認され、報酬が支払われています。 そこで、約10分ごとに支払われるマイニング報酬と、半減期、未発行のビットコインから計算すると、2,100万BTCに達するのが2140年頃となります。

ちなみに半減期が4年ごとになっているのは、21万ブロック生成されたときに半減期が起こるよう設定されているためです。
よって21万ブロックを生成するための時間は21万(ブロック)×10(分)≒4年となります。
しかし、マイニングのスピードは年々速くなっていると言われ、今後半減期は予定の4年より早まるとみられています。

トア
トア

なるほど~、2140年に上限に達するように調整されているんだね!

GG
GG

にしてもマイニング報酬が今も50BTCだったらと考えると凄いのう…

トア
トア

一撃で億り人だよね…!

GG
GG

とはいっても今でも充分高額な報酬になるんじゃがのう

トア
トア

でも他の通貨にも半減期ってあるの?

GG
GG

もちろんあるぞい!

【ビットコイン以外の半減期】

暗号資産によって発行上限枚数や半減期の有無などは違ってきます。
本記事で主に取り上げてきたビットコイン以外にもさまざまな暗号資産がそれぞれ半減期と言える物があります。
ここではビットコイン以外の暗号資産で、どのように半減期が訪れるのか解説していきます。

・イーサリアム
イーサリアムは、ビットコインとは異なり通貨の発行上限や半減期が定められていません。
ですがマイニングによる通貨の新規発行が行われるシステムはビットコインと同じです。
現在のマイニング報酬は2ETHですが、これまでアップデートなどのタイミングで5ETHから3ETHに、そして3ETHから2ETHへと2度の減額が行われてきました。
また、次のタイミングでマイニング報酬を0.5ETHにする議論が行われていると言われています。
ビットコインにくらべインフレ率が高く、ETH保有者にあまりよろしくないというのが理由だと言われています。

・リップル
国内外における送金システムに重きをおいて開発されたリップルには、マイニングも半減期もありません。
また発行上限は1000億枚で、これらはすでに発行済みとなっています。
リップルではブロック生成時に手数料として徐々に通貨が消失され流通量を調整するシステムを採用しているとのことです。
1000億枚が発行済みとなっていますが、そのうち約半数はリップル社が定期的に売却するための予備として保有しているそうです。

・ライトコイン
ライトコインはビットコインをベースに開発されました。
発行上限は8400万枚となっており、ブロックの生成速度は約2分半となっています。
84万ブロックごと(4年に一度のペース)で半減期が訪れます。
ライトコインは2011年11月に誕生しましたが、最初の半減期は2015年8月25日に訪れました。
その後2回目は2019年8月5日、3回目の次回は2023年夏の予定となっています。
現在のマイニング報酬は12.5LTCになっており、次回には6.25LTCに半減されるとのことです。

トア
トア

やっぱり調整はしないといけないんだね

GG
GG

そうじゃ、じゃないと無限に発行されてしまうからのう

トア
トア

それに競争も激しくなっているんだよね?

GG
GG

コンセンサスアルゴリズムにもよるが、パワーゲームになりつつあるのが現実じゃのう

トア
トア

じゃあ今から始めるのは?

GG
GG

うむ、最近グラフィックボードを使用したマイニングが流行っていてのう、「グラボの価格がありえないくらい高い!」というのも耳にするなぁ

トア
トア

でもマイナーがいないと成り立たないのが暗号資産だよね!

GG
GG

そういうことじゃ!では今日の話をまとめていくぞい!

マイニングのまとめ

・マイニングとは取引データの承認作業のことを指す
・一番早く行ったマイナー1人に報酬として新しく発行されたビットコインが報酬として支払われる
・マイニング競争は激化しており、マイナーたちの設備規模の大きさからマイニング工場と呼ばれるほどになっている
・マイニングにはソロマイニングとプールマイニングがあり、個人か組織かでメリットデメリットが分かれる
・暗号資産は発行上限が決まっているため、多くの通貨ではマイニング報酬の半減期というものが存在する
・半減期はビットコインの場合4年に一度のペースで到来する

いかがでしたでしょうか。
暗号資産を手に入れる手段として、マイニングというものを耳にすることは皆さんも多かったのではないでしょうか。
本記事ではマイニングにおける基礎的な知識をご紹介しました。
これからも半減期は訪れますので、それに合わせてどう見極めるかが重要になってくるのではないでしょうか。
当サイトでは暗号資産における今更聞けない基礎知識などのご紹介を行っています。
もし良ければご覧になってみてください♪

タイトルとURLをコピーしました