ビットコインFX・暗号資産FXについて詳しく解説!

トア
トア

ねぇ、GG!

GG
GG

なんじゃ?

トア
トア

この前さ、ビットコインについて色々教えてくれたじゃん?

GG
GG

そうじゃな!もう完璧かのう?

トア
トア

ビットコインについては完璧なんだけど…

GG
GG

ん?今度は何について知りたいんじゃ?

トア
トア

ビットコインFXとか、暗号資産FXって言葉をよく聞くんだよね!でも、何のことかさっぱりで…

GG
GG

なんと…!早急に説明が必要じゃなぁ…

トア
トア

さすがGG!頼もしい!

GG
GG

ではさっそく説明していくぞい!

「ビットコインFX・暗号資産FXを始めたいけど、具体的なやり方がよくわからない」このような悩みを抱える方は実は少なくないと思います。
本記事ではビットコインFX・暗号資産FXについて詳しくお話していきます。

ビットコインFX・暗号資産FXとは?

ビットコインFX・暗号資産FX(以下ビットコインFXと表記しています。)を一言で説明すると、暗号資産やビットコインを用いた証拠金取引(レバレッジ取引)です。
外国為替のFXと同じく証拠金を担保に大きな額の取引ができるのが魅力ですが、ビットコインFXのボラティリティは為替FXよりも大きく、よりハイリスク・ハイリターンな金融商品となっています。

FXとは「Foreign Exchange」の略語であり、日本語では「外国為替証拠金取引」と訳されるのが一般的です。
日本語にすると分かりますが、元々”FX”という言葉はビットコインなどの暗号資産およびその取引に関する用語ではありません。

為替FXやバイナリーオプション、株先物など色んな金融商品がありますが、ビットコインFXのトレードは他の銘柄に比べて勝ちやすいと言われています。

【ビットコインFXが勝ちやすいと言われる理由】
法定通貨などと比べ、生まれて間もない暗号資産市場はまだ黎明期で時価総額は上昇していく傾向があるからです。
※黎明期(れいめいき)=ある事柄が形になる前の始まりの時期を表します。

ビットコインFXなどの暗号資産FXと為替FXは、投資対象が異なります。
為替FXの投資対象は、ドルやユーロなどの法定通貨が投資対象になります。
一方、暗号資産FXは、ビットコイン(BTC)などの暗号資産を対象としたFX取引です。
なお、為替FXは証券会社などで口座開設をすることで取引ができるようになりますが、ビットコインFXは暗号資産の取引所に口座開設をする必要があります。
また、投資対象以外に為替FXとビットコインFXに関する主な違いは下記の2点があります。

①取引可能時間帯の違い
ビットコインFXでは、取引所のメンテナンスなどを除き、平日・土日に関わらず売買が可能です。
一方、一般的な為替FXは、為替市場が休みになる土日や祝日を除く平日のみ取引が可能です。

②価格変動の大きさの違い
ビットコインFXのほうが為替FXよりも、投資対象の価格変動が大きいといえます。
価格変動が大きいと損益の振れ幅も大きくなります。
ビットコインFXは、短期間でも大きな損益の変動が発生することが特徴です。

トア
トア

なるほど!ビットコインFX取引を行う時は、為替FXとの違いを理解しておくことも役に立つね!

GG
GG

そうじゃな!為替FXと同じ感覚でトレードをしておったら、リスクを取りすぎてしまう傾向にあるからのう…

トア
トア

じゃあ、逆に為替FXの経験者は気を付けないといけないね!

GG
GG

そういうことじゃ!

トア
トア

ねぇ、GG!ビットコインFXのメリットってどんなことがあるの?

GG
GG

うむ!そこについての説明も必要じゃな!

ビットコインFXを利用するメリット

ビットコインFX取引を行う主なメリットは、下記の4点があります。
※今回は為替のFXではなく、ビットコインのFXとビットコインの現物取引を比較して論じます

①売りから取引を始められる
現物取引の場合、当たり前ですが保有しているものしか売ることができません。
一方、ビットコインFXでは、ビットコイン(BTC)を保有していない状態で売り注文を入れることが可能です。

②下げ相場でも利益が出る
1つ目のメリットに関連しますが、ビットコインFXの場合は、ビットコイン価格が下がると予想する場合は、売りから入ることで利益を出すことが可能になります。

③ 少額の自己資金でも大きな取引ができる
小さな力でも大きなものを動かせる「てこの原理」のことを、レバレッジといいます。
そのため、FX取引はレバレッジ取引といわれることもあるのです。
このレバレッジ取引ができることも、ビットコインFXのメリットとなります。
レバレッジ取引を行うことで、(暗号資産・ビットコイン価格が想定通りに変動した場合)、少ない元手(元本)で、より多くのリターンを得ることができます。

④ハイリターンが得られる可能性がある
同じ自己資金であれば、ビットコインFX取引の方が、ビットコイン(BTC)の現物取引よりも大きな取引ができるため、ハイリターンにつながる可能性があります。
ビットコインFXでは、現物取引と異なり、相場の下落を見込んだ上で売注文を出しておき、値下がりしたタイミングで買い戻すことで、価格下落局面においても、リターンを狙うことができます。

GG
GG

メリットはこんな感じかのう!どうじゃ?理解できたかのう?

トア
トア

うん!センスもいるなって思った!もっと情報が欲しい!

GG
GG

うむ!それはいいことじゃのう!

トア
トア

メリットはもちろん大事なんだけど、やっぱり始めるうえで注意点とかデメリットもあると思うんだよね~

GG
GG

いい心がけじゃ!では、注意点とデメリットも解説しておこう!

ビットコインFXを利用する注意点やデメリット

ビットコインFXを利用する場合、デメリットや注意点についても正しく理解しておくことが重要です。
主なデメリット、注意点は、下記の3点があります。

①大きな損失が生じるリスクがある
レバレッジをかける分、自己資金に対する損益は増幅されます。
相場が予想に反する方向に変動すると、損失は大きくなるでしょう。
そのため、常にどの程度の損失を被るリスクがあるのかを認識しながら、取引を行うことが大切になります。
※レバレッジ取引においても、自身の資産内で対応できるだけの資金を使用するのが一般的です

②カウンターパーティーリスクがある
カウンターパーティとは、取引相手のことをいいます。
カウンターパーティリスクは、取引している取引所が倒産などして取引できなくなることを指します。
そのため、ビットコインFXを利用する際には、倒産リスクが小さいと考えられる取引所を選ぶようにしましょう。

③長期保有すると手数料が高くなる
ビットコインFXには、取引手数料の他にレバレッジ手数料がかかります。
レバレッジ手数料とは、ポジションを保有し続けるために毎日かかる手数料のことであり、長期間ポジションを保有していると、手数料がかなり高くなってしまうケースも存在するため、注意が必要です。

トア
トア

なるほど…メリットだけじゃなくてしっかりデメリットも頭に入れとかないと!

GG
GG

うむ!デメリットも一緒に頭に入れて使うことで賢い使い方もできるようになるしのう!

トア
トア

この他にも知っておいた方がいいことってあるかな?

GG
GG

そうじゃな…あ!ビットコインFXで覚えておいたほうがいい、オススメ用語があるんじゃ!

トア
トア

え!教えて!教えて!

GG
GG

うむ!説明していくぞい!

ビットコインFXで覚えておきたいオススメ用語

ビットコインFXに関わらず、レバレッジ取引でもよく使う用語をあげていきます。

・ロング/買い玉=ビットコインを購入すること
ロングポジション(買い玉・買い建て)を持っている、というのはビットコイン価格が上がることを予想して「買い」からエントリーしているということです。

・ショート/売り玉/空売り=ビットコインを売ること(または空売りすること)
ビットコインをレバレッジを掛けて売りからエントリーすることであり、ビットコインFX特有の売買方法です。
ショートポジション(売り玉・売り建て)を持っている、というのはビットコイン価格が下がることを予想しており、いずれは「買い」という形で相殺的な決済することになります。

・建玉(たてぎょく)=ロング/ショートのポジションを日本語で表したもの
読み方に注意です。

・約定(やくじょう)=買い/売りオーダーが成立すること、ポジションを購入すること
「やくてい」ではなく「やくじょう」と読みます。

・スワップ手数料=証拠金取引(FX)特有の手数料で、長くポジションを保有していると発生する手数料
取引所によって徴収形態はそれぞれです。
ビットコインFXは証拠金を担保にしてビットコインを借りているようなものですから、利息としてこのスワップ手数料が一定時間ごとに支払われます。

・ロスカット=ビットコインFXのレバレッジ取引において、清算価格に達したり、所定の証拠金維持率(証拠金が減った割合)を下回った場合に起こる強制決済
ロングポジションを持っている場合は売り注文が、ショートの場合は買い注文が自動で行われます。
ロスカットが起こると証拠金維持に使っていた資金が損失確定により失われ、大部分が口座からなくなります。
※取引所により参照数値が異なる場合があります

・追証(おいしょう)=ビットコイン相場が急変動したとき、価格が滑って(スリッページ)、ロスカットでは追い付かなかったマイナス残高になってしまったポジション損切りの補てん分が借金となること
日本国内のビットコインFX取引所ではすべて追証がありますが、海外取引所bybit等では追証は発生しないのが一般的です。

・ストップロス(ストップ)=事故防止の為の指値注文のこと
今持っているロングもしくはショートポジションの含み益をこれ以上減らさない為に(含み損をそれ以上拡大させない為に)仕掛けておく事故防止の為の指値決済注文のことです。

トア
トア

いっぱいあるよ~…覚えられるかな…

GG
GG

大丈夫じゃ!分からなくなったらまたここに来て確認するといいぞ!

トア
トア

そうだね!分からなくなったらまたみて、勉強しよっと!

GG
GG

用語も勉強できたところで、ビットコインFXの取引所を選ぶときのポイントについても話しておこうかのう!

ビットコインFXの取引所を選ぶときのポイント

ビットコインFX取引を行う場合は、取引所選びがとても重要です。
取引所を選ぶ際の主なポイントは、下記の4点があります。

①セキュリティレベルの高い取引所を選ぶこと
コールドウォレット管理が施されていたり、2段階認証が設定できるようになっていたりと、セキュリティに気をかけている取引所を選ぶ必要があります。

②手数料が安い取引所を選ぶこと
ビットコインFX取引を行う場合、基本的には取引時に手数料がかかります。
取引所によっては無料の場合もありますが、ポジションを保有したまま翌営業日に持ち越すことによって、手数料が発生する場合もあります。
そのため、ビットコインFXにかかる手数料については、事前に把握しておくことが大切です。

③サイトの画面が見やすく、取引がしやすい取引所を選ぶこと
ビットコインFX取引を行う場合、視認性や操作性が重要になります。
自分が使いやすい取引所を選びましょう。

④流動性の高い取引所を選ぶこと
相手がいなければ取引が成立しません。
多くのユーザーが使用していれば、取引の相手に困ることもなく、運営元の取引所は手数料で運営を続けることが可能とも言えます。
逆にユーザーが少ない場合、取引が成立しない、手数料の徴収ができない運営元が取引所の閉鎖をするしかなくなるという可能性があります。
その為、取引が頻繁に行われている、またユーザーの多い取引所を選ぶことは重要と言えるでしょう。

販売所と取引所の違いという記事で、主要取引所の紹介を簡単に行っている為、良ければチェックしてみてください♪

トア
トア

この4点に注目して選ぶことが大切だね!

GG
GG

そうじゃな!これをポイントに自分に合った取引所を選ぶんじゃ!

トア
トア

うん!最初は分からないことだらけだったけど、今回でなぞが解けてすっきりした~♪

GG
GG

それはよかったのう!

トア
トア

ありがとう!GG!まとめもちゃんと読んで今回の復習もしっかりしておくね!

GG
GG

うむ!えらいぞ!次までにまとめを読んで準備しておくんじゃよ!

ビットコインFXについてのまとめ

暗号資産・ビットコインFXとは
・為替のFXとは異なり好きなタイミングで取引が可能
・レバレッジをかけて取引が可能
・ショート(空売り)からエントリーすることができるので下げ相場でも有利
・ロスカットされないようにリスク管理が大事
・自分に合った取引所を選ぶことが重要

いかがでしたでしょうか?
可能な限り知識を蓄えた上で取引をすることは自分の資産を守ることに繋がります。
本記事を読んで、知らなかったことが1つでもあり、その内容を理解できた方の今後の取引のお役に立てたら幸いです。

タイトルとURLをコピーしました